June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/12/29 MPP杯年忘れミニ四駆大会2013

 日時
2013年12月29日

場所
ホビーゾーン可部店2階常設コース

受付
17:30〜

開始
18:00〜

会場オープン後、練習走行可能(16時を予定)

参加費
一人500円  (1エントリーで両クラスとも出場可)

開催クラス
☆オープンクラス1
☆オープンクラス2
それぞれ敗者復活戦ありのトーナメントバトル形式

☆総合優勝決定戦
オープンクラス1優勝者、オープンクラス2の優勝者、
オープンクラス入賞者で行う決勝進出戦勝者の3名で行います

レギュレーションはタミヤ公式規則に準じます。
車検は決勝戦のみ行いますので、各自レギュレーションを守ってください
※使用モーターはタミヤ製ならOK
(プラズマダッシュ、ウルトラダッシュ使用可能)
※充電器の使用可
(電源はありますが、数が少ないため譲りあってご使用ください)
※使用できる電池は充電池はタミヤ製ネオチャンプ、
アルカリ電池はメーカー縛りなし

レース後にお楽しみ抽選会を行いたいと思いますので、
参加者の皆様、何か1品ご提供いただければ幸いです。

みんなで楽しみ、みんなで盛り上げる、
そんな大会にしたいです。
皆様のご協力を、よろしくお願いします。

8/14 MPP杯盆休みミニ四駆大会@ホビーゾーン可部店

本日は暑い中、お集まり頂きまして、
本当にありがとうございました。

今回はレポートをコンデレ編とレース編の2つに分けます。
タイムアタックのデータが無いから
レース編が書けないという裏事情はおいといて・・・(;´∀`)

本日のエントリーは、42名。
遠くから遠征で来られている方も居て、
実行委員会の想定を上回る参加人数でした。

そのエントリーされている方全員でコンデレを行いました。
1次予選の前に、可部名物のロングストレートにマシンを並べて、
参加者全員で審査をしました。
塗装にこだわったマシン、
ネタに走ってるんじゃね?なマシン、
さまざまなマシンを見ることが出来ました。

もちろん私もステッカーはげはげのアバンテを出品、
見事に「0」ポイントでした(TдT)

約15分の審査後、投票をしてもらって、
ポイントの多い方から、3位まで決めたのと、
私の一存だけでの特別賞を用意しました。


第3位
こう星くん
ドラゴンボールZをイメージしたマシンで、
コックピットに孫悟空が乗っている可愛らしいデザインでした。

準優勝
setsu@BLITZENさん
TRFワークスJrを青をベースに実写風に仕上げています。
ルーフのカーボンパターンがいい雰囲気を出していますね。

優勝
丹龍(タンロン)さん
マシンの配色と、ボディの細かい仕上げ部分のバランスがいい。
赤いローラーとガイドで統一したり、
トータルポイントで他を圧倒しました。

そして、MPP特別賞。
これは、せっかくコンデレするんだから、
「俺に好きなの選ばせてよ!」的な賞。
完全に独断と偏見で、
N-STAGEさん
ひと目で心奪われました。
サイドスポイラーを自作されていて、
アストラルスターのカッコよさを引き出されていました。
私の中では、文句無く一番でした。


今回はコンデレの表彰式を最後に持ってきましたが、
これをもう少し早めにやってもよかったのかなぁ、
という感じもしています。
途中で何名か帰られていたので、
結果を見せることが出来たら、と。
もし次やるなら、決勝トーナメントの前にしたいですね。


こうして、個人主催のレースでは異例のコンデレは
大盛況のうちに終わりました。
走らないコンデレよりも、走るコンデレをやってみたい、
という、私の希望だけで行いましたが、
思ったよりも好評で、次の時にも考えてもいいかな、と思いました。
ただし、このコンデレで、時間を30分くらい使ってしまったので、
レース本編の終了時間に
大きく影響を与えてしまったことは反省材料です。
でも、またやりたいですね。
出来れば、自分に1票が入るまで( ;∀;)


続いて、レース編を。


レース本編のレポートです。

今回のレースは1次予選はタイムアタック。
1時間30分の間に2回走らせて、良い方のタイムを採用。
タイム順上位15名が決勝トーナメント進出。
上位6名は決勝トーナメントのシードあり。
敗者復活戦はトーナメントをして、
上位3名が決勝トーナメント進出。

決勝トーナメントは、予選通過者15名と
敗者復活勝ち上がりの3名の合計18名でトーナメント。

まず、タイムアタック。
1時間30分という時間の中で、どのタイミングで走らせても大丈夫。
セッティングに時間を使うもよし、
ノッてると思えば、すぐに列に並びなおしても良い。
制限時間内に自由にいけるので、それぞれの作戦があって面白い。

1次予選通過者

53.21 ハチさん ベストラップ賞
53.73 ヘキルさん
53.91 ホンダさん
53.99 RNPPさん
54.87 ゴウさん
54.96 ハトさん
55.14 タサカ(ナ)さん
55.14 まゆパパ
55.18 kami’さん
55.40 ヨウタさん
55.47 たさかさん
55.57 マサヒロさん
56.34 カワサキさん
56.71 ウィールチェアーさん
57.08 woodyさん

タイムアタックの予選を通過できなかった20名での敗者復活バトル。
(何名か、帰られたのか、辞退されていました)

敗者復活を制したのは、予選記録なしだったマサさん。
そして、こーてーさん、MG-1さんの3名が
決勝トーナメントに復帰しました。

復活1 マサさん
復活2 こーてーさん
復活3 MG-1さん

*本名がマズイ方がいらっしゃいましたらお知らせください。
*ハンドルネームに変更します。

以上18名が予選を通過しました。

運営側の予想では、57秒台を出せば、
十分予選は通過できるのではないか、との話だったのですが、
いざフタを開けてみれば、かなりのハイレベルな戦いに。


シードは予選タイムアタックの上位6名。
ハチさん
ヘキルさん
ホンダさん
RNPPさん
ゴウさん
ハトさん

そして、決勝トーナメントに突入。

<1回戦>

第1試合
●こーてーさんVS○ウィールチェアーさん

第2試合
●woodyさんVS○まゆパパ

第3試合
●カワサキさんVS○kami'さん

第4試合
●MG-1さんVS○ヨウタさん

第5試合
●タサカ(ナ)さんVS○マサさん

第6試合
●マサヒロさんVS○たさかさん


<準々決勝>

第1試合
○ハトさんVS●ウィールチェアーさん

第2試合
●ゴウさんVS○まゆパパ

第3試合
●RNPPさんVS○kami'さん

第4試合
●ホンダさんVS○ヨウタさん

第5試合
●ヘキルさんVS○マサさん

第6試合
○ハチさんVS●たさかさん


<準決勝>

第1試合
○ハトさんVS●まゆパパ

第2試合
○kami'さんVS●ヨウタさん

第3試合
○マサさんVS●ハチさん


<決勝>
●ハトさんVS●kami'さんVS○マサさん


<順位決定戦>
●ハトさんVS○kami'さん



優勝
マサさん

準優勝
kami'さん

3位
ハトさん

おめでとうございます。



最終結果は敗者復活戦から勝ち上がったマサさんが優勝されました。
マサさんは本当に速度管理が上手くて、
相手や、今どこで戦っているかを考慮したスピードで勝負され、
次々と予選上位を打ち破っていきました。
たぶん見られた方みんなが思った感想ではないでしょうか。

「速い」というよりも「強い」。

そして、入賞されたkami'さん、ハトさんも速かったですね。
入賞おめでとうございます。

こうして、大盛況のうちに「MPP杯盆休みミニ四駆大会」
は、終了しました。
今回、このレースを企画するに当たって、
一番のベースは「UWR負けて悔しいよね」からスタートしました。
最初はちょっとだけ告知して20人くらいで出来ればいいな、
位の軽い気持ちでしたが、
話を進めていくと、フライヤーを置かせてもらおうか?
せっかくフライヤー作ったなら、他のショップに持っていく?
Yellowの店長が応援してくれて、助けてくれる、
K'sの店長やホビータウンのMCゴッツさんなどの理解者現る。
気が付けば規模はどんどん大きくなりました。
今までの私なら、逃げ出したい気持ちで一杯でしたが、
今回はTeam☆Route54 の全面協力の下、見事な連携で
数々の難問をクリアしていきました。
途中で気が付けば、私なんて名前が前面に出ているだけで、
何もして無いじゃん、な状態に。
本当に、みんなに助けてもらいました。
この場を借りて、ありがとうを言いたいです。

ありがとうございました

もちろん、今回参加された42名のレーサーの皆さんにも、
ありがとうございました。

レーサーのご家族の方々、
ありがとうございました。

各ショップの店長、関係者の方々、
ありがとうございました。

特にYellowの店長には暖かいアドバイスや協力を頂きまして、
ありがとうございました。

チームのみんな、
本当にありがとう。




さあ、皆様は次のMPP杯を期待しているかもしれませんが、
今はちょっと考えられない感じです。
私の日曜日のスケジュールがちょっと厳しく、
このままで行くと年末まで間が開きそうな感じです。
一部、水面下で動き始めている企画もありますが(;゚Д゚)、
こちらはMPP杯とは無関係な話で告知は無いかも。
それに、まだまだ公表する段階ではないので、
こちらは秘密裏に話を進めて行きます。

では、次のMPP杯まで、楽しみにお待ちください。
そして今から私は、いちレーサーとして、
ジャパンカップを目指そうと思います。

それでは、また!

8/14【最終告知】MPP杯盆休みミニ四駆大会@ホビーゾーン可部店

日時
2013年8月14日

場所
ホビーゾーン可部店2階常設コース

受付
13:00〜

開始
14:00〜

会場設営後練習走行可能(10時を予定)
レース開始後の練習走行は禁止とします

参加費
一人500円
※参加賞は1次予選終了後に渡します

開催クラス
☆オープンクラス

☆レースコンクールデレガンス(コンデレ)
※オープンクラスに出場するマシンのみ

タミヤレギュレーション
車検はおこないませんので、各自レギュレーションを守ってください
※使用モーターはタミヤ製ならOK
(プラズマダッシュ、ウルトラダッシュ使用可能)
※充電器の使用可
※使用できる電池は充電池はタミヤ製ネオチャンプ、
アルカリ電池はメーカー縛りなし


レーススケジュール

レースコンデレ
1人1台エントリー(全員参加)
1次予選の前に行います
1次予選に出場するマシンをエントリーシートと一緒に並べてください
参加者の審査後、投票用紙に記入してもらって回収
表彰式で発表

レース形式
タイムアタックによる一次予選
制限時間は1時間(タイムオーバーは記録なし)
順番に並んで計測してください (ラップタイマー使用)
走行は2回まで(マシンのチェンジ可能)
コースアウトは記録なし
タイム上位15名を予選通過とし、二次予選に出場
上位6名は二次予選のトーナメントのシードあり
※参加人数によっては一次予選通過人数とシード、
走行回数が変わる場合があります
※マシンのチェンジは一次予選のみ可能です

敗者復活戦はトーナメントバトル方式
一次予選記録無しの方のトーナメント枠はくじ引きで決めます
敗者復活上位3名が二次予選進出
全車リタイヤはサドンデスの再レース

二次予選
一次予選通過の15名と敗者復活戦上位3名でおこないます
一次予選上位6名はトーナメントのシードあり
トーナメントバトル方式
全車リタイヤはサドンデスの再レース

準々決勝
トーナメントバトル方式
全車リタイヤはサドンデスの再レース

準決勝
トーナメントバトル方式
全車リタイヤはサドンデスの再レース

決勝
決着がつくまで再レース

表彰式
レースコンデレ
優勝、準優勝、3位、MPP特別賞

オープンクラス
優勝、準優勝、3位

【告知】MPP杯盆休みミニ四駆大会

日時
2013年8月14日

場所
ホビーゾーン可部店

参加費
一人500円
(参加賞を用意する予定です)

受付
13:00〜

開始
14:00〜

開催クラス
オープンクラス
(タミヤレギュレーション)
※充電器の使用可

レースコンクールデレガンス(コンデレ)
※オープンクラスに出場するマシンのみ


レーススケジュール

レースコンデレ
1人1台エントリー(全員参加)
審査の後、投票用紙に記入してもらって回収
表彰式前に発表

レース形式
タイムアタックによる一次予選
制限時間は1時間(タイムオーバーは記録なし)
順番に並んで計測してください
走行は2回まで(マシンのチェンジ可能)
コースアウトは記録なし
タイム上位15名を予選通過とし、二次予選に出場
※参加人数によっては一次予選通過人数と走行回数が変わる場合があります
※マシンのチェンジは一次予選のみ可能です

敗者復活戦は3台ずつのトーナメントバトル方式
敗者復活戦1位は二次予選進出
全車リタイヤはサドンデスの再レース

二次予選
(一次予選通過の15名と敗者復活戦1位の1名)
2台ずつのトーナメントバトル方式
両者リタイヤはサドンデスの再レース

準々決勝
2台ずつのトーナメントバトル方式
再レースなしのサドンデス

準決勝
2台ずつのトーナメントバトル方式
再レースなしのサドンデス

決勝
決着がつくまで再レース

表彰式
レースコンデレ
優勝、準優勝、3位、MPP特別賞

オープンクラス
優勝、準優勝、3位


第4回Unofficial Weeknight Race(UWR)@ホビーゾーン可部店

 今回はホビーゾーン可部店でおこなわれた第4回Unofficial Weeknight Race(UWR)に行ってきました。
広島のナイトレースと言えばこのイベント。
毎回高いレベルのレーサーが集まるので、とても楽しみにしています。
今回は先日の宇部での勢いそのままで挑んだはずだったのですが・・・

レース開始前、どうしてもFMXXがレーンチェンジを越えられなかったので、
急遽フロントまわりをオーバーホールしてスラストをつけ直す作業をしました。
開始時間が迫るなか、手は思うように動いてくれません。
慌てるな、慌てるな、と思えば思うほど、気ばっかり焦って、作業は進みません。
本当に時間が無くて、ワッシャーを上手く取り付けられないので、
GUPのタグを切って挟んでどうにか間に合わせました。
まあ、こんなことでは、レースの結果も見えてますがね・・・

そして、本番のレース結果ですが、こんなにレースの事を覚えていないのも珍しいというくらい、自分がどんな走りをしたのか覚えていないんです。
覚えているのは、FMXXはレーンチェンジで飛んだことと、
MSシャーシはドラゴンバックでバランスを崩してひっくり返ったことだけ。
えっと、どっちが、敗者復活にまわったんだっけ?
どっちも二回戦に行けたんだっけ?

こんなんじゃ、悪かったところの分析も出来んじゃないか。

ちょっと疲れていたのかなぁ・・・

まあ、自分はこんな感じだったのですが、同じピットからウィールチェアーさんの優勝とmasaさんの準優勝が出たのは嬉しかったです。
勢いってこういうことを言うんですね。
私には今回のレースではまったく無かったなぁ(>_<)

店が閉まったあと、外でHさんたちと反省会。(^_^;)
気がつけば22:30になってました。
で、駐車場のロープを閉めて「泣きながら」帰りました(T-T)

次の可部の月例は8月18日ですが、その前にまゆパパ杯を開催しようと計画しております。
今のところ、8月14日で調整を進めています。
ちょうどお盆休みと重なるので、お時間ある方は月例の練習も兼ねてご検討していただければと。

追伸
本当に余裕が無かったのか、写真も一枚も撮ってません(^_^;)

第6回マンガ倉庫宇部店ナイトレース

仕事が終わってから、Team☆Route54のメンバーで宇部まで行ってきました。

結果は・・・

オープンクラス優勝 ( ω ) 

ノーマルモータークラス3位( ´  ` )

内容はそんなによくなかったのですが、
こういう結果になる事もあるのがミニ四駆。(^-^)

オープンクラスはFMXXで参戦。
さすがマンガ倉庫宇部店、というテクニカルで、ブレーキセッティングがカギになりそうなコース。
前回はフロント「がっつり」ブレーキを中心にセッティングしましたが、
今回はいつものスキッドブレーキ、FRPブレーキをベースに、高さを調整して、合わせました。

一回戦
電池の適正電圧がまだ掴みきれていなかったので、1.34Vの電池で。
案の定登りスロープでマグナムトルネード(^_^;)
速すぎました。

敗者復活戦
対戦相手はウィールチェアーさん、kenjiさん。
見事なまでのチーム内での潰しあい(^_^;)
電池を一回戦の電圧からかなり落として、1.28Vでチャレンジ。
今度は落とし過ぎで完全にスピード負けの状態で最終ラップ。
kenjiさんに鬼門の登りスロープにキレイに入られて、負けを悟ったその時・・・
kenjiさんのマシンが下りスロープ後の空中回廊の下部分で上を引っかけて急停車。(´ ω `)
ゴールまであと2メートルの所での逆転勝利でした。(^-^)

そのあとどうにか適正電圧1.30Vを見つける事が出来て、ようやくまともにセッティングが決まった感じ。
敗者復活戦の決勝ではジムスキーさんとの勝負。
レースはなんとか勝たしていただきまして、どうにかトーナメントに復帰できました。

適正電圧はわかったので、あとはフロントのスラストを気にするのと、電池を用意するだけ。
準決勝でなんとか勝利して、
次は決勝戦。
で、気がつくと勝ってた(^_^;)

あざーす(^-^)by某店長風

ノーマルモータークラスはMAシャーシでの参戦。
時間が無くて、前にARとの比較でつけた前後プラローラーのまま。
とりあえずの大径ホイールにローハイトのスーパーハードタイヤ。
スピード不足は大径で補う作戦。
本当に何もしていないので、速さは二の次。
完走して、相手の出方待ち作戦。
あぁ、消極的。
総当たりで、一番星の多い人が優勝。
当然というか、やっぱりね、のtop_force_2001さんが、圧勝で優勝。
順位決定戦に、星が並んだ3人で対戦。
どうにか3位に滑り込ませてもらいました。(^-^)

今回、ノーマルモータークラスにMAシャーシを使いましたが、ほとんどなにもしていないにも関わらず、意外にスピードが出ていることに驚きました。
当然というか、駆動系も煮詰められていないので、スピード負けはしていますが、ポテンシャルの高さは、ハッキリとわかりました。
形は気に入らないけど(^_^;)、速さは認めざるをえませんね。
MSを少し休ませて、FMXXとMAを中心にセッティングしていこうと思いました。
あ、またARを忘れてる(^_^;)

レースのあと、タイムアタック。
コースレコードは・・・
ぜってー無理やん。
どうやったらあんなタイムが出るのか、さっぱりわからない・・・みたいなタイムで、
正直いきなり戦意喪失。
恐るべしですよ、ジムスキーさん。
結局、ベストラップから2秒近く遅いタイムで、箸にも棒にもかからない情けない結果でした。

そして、ジムスキーさんやみんなにご挨拶をして、帰路につきました。

top_force_2001さん
ウィールチェアーさん
kenjiさん
お疲れ様でした。

参加された皆さん、ありがとうございました。

そして、主催してくださったジムスキーさん、
ありがとうございました。

また、遊びに行かせてくださいね(^-^)

追伸
毎回ジムスキーさんが景品を準備してくださっているのが、本当に申し訳ないので、
参加者のみんなで使わないパーツなんかを集めて、それを景品にしたらどうかなーと。
もしくは、景品なしでもいいかと。

とくに、今回はカーボンプレートをいただきまして、本当に嬉しいのですが、
ジムスキーさんに負担がかかっていると思うと、申し訳無い気持ちにも・・・。

私も小さいながらもレースを主催したことがあるのでわかるのですが、
主催をするだけでも精神的に負担は大きいので、
参加している私たちで少しでもジムスキーさんが楽になるように、
何か考えた方がいいんじゃないかなぁ、と。
せっかくこんな楽しい機会を提供してくださっているので、
参加者も、主催者も、みんなで楽しく、長く遊びたいですものね。

FMXXセッティングメモ
ライトダッシュ
4.2:1
大径+ローハイトタイヤ
フロントアンダーガード高さ2.0mm
リアFRPブレーキ高さ1.0mm

MAセッティングメモ
ノーマルモーター
3.5:1
大径+ローハイトタイヤ

第16回ホビーゾーン可部店ミニ四駆大会

二階常設コースの空調が壊れているwwwホビーゾーン可部店に行ってきました。
約150エントリーという、大盛況でした。
人数的には80人位でしょうか。

当初は参加出来ないかも、という状況でしたが、ギリギリで参加決定ということで、荷物とマシンを抱えて出発。

練習走行もそこそこに、ジュニアクラスからスタート。
とてもジュニアとは思えないスピードで走るマシンもあり、
かなりの盛り上がり。
準決勝までレースをして、決勝はオープンクラスの決勝前に。

そしてすぐにオープンクラスのスタート。
一回戦の通過標準タイムは55〜60秒くらい。
前回とほとんど変わらないタイム。
私にも十分勝機はありそうです。

実は今日は電池を充電してきていないので、現地充電するつもりでした。
が、コンセントのタコ足が原因か、何故か充電出来ず。
諦めて電圧の高いのを使おう。
テスター、テスター・・・ギャー忘れた!
慌てて出てきたらダメですね。
電圧も測れないので、スイッチオンで回してみて速そうなのを使います。

一回戦

FMXX
ハイパーダッシュ2
3.7:1
フロントブレーキはアンダーガードのみ
リアブレーキは1mmでFRPのみ
電池は多分80%位(適当)

スタートからいい滑り出し。
スピードも十分で、どんどん突き放す。
ジャンプの姿勢もよく、ドラゴンバックでも真っ直ぐ飛んで、キレイな着地。
余裕を持っての勝利で二回戦進出。

MS
ハイパーダッシュP
3.7:1
フロントブレーキはアンダーガードのみ
リアブレーキは1.5mmでFRPブレーキ
電池はこれも多分80%位(適当)

スタートから3台が接戦に。
2周目位から1台脱落で2台の一騎討ち。
最終ラップ時点でトップとは約50センチ差での2位。
だんだん電池がタレて来たのか、前半のウェーブで差をつけられる。
しかし第二バンクからのテーブルトップで相手がやや引っ掛かって減速。
そこで一気に追い付く。
テーブルトップを抜けた時点で50センチリード。
が、最後のチューリップでパワー不足から抜き返される。
最後はマシン1台分も差がなく、ほぼ並んでゴール。
電池を充電出来ていればとか、
新品のパワーチャンプGTならとか、
色々言い訳はありますが(^_^;)、
とてもいいレースでした。

二回戦

FMXX
先程電池に泣かされたので、パワーチャンプGTを調達。
他のセッティングはそのままで。
ただレーンチェンジは怖いので、左フロントのスラストを気持ち強めに。

スタートから一気に前に。
さすが新品の電池だ。
マシンは安定していて、見ていても安心出来る。
スピードもしっかり出ていて、これなら優勝を狙える位のタイムが出るんじゃね?と。
2位との差はどんどん開いて、独走状態に。
最終ラップ、苦手な真ん中のレーンチェンジを越え、
奥のドラゴンバックも真っ直ぐ着地。
第二バンクにスムーズに入って

よし、勝った!

と思った瞬間・・・
第二バンク後のテーブルトップでまさかのコースアウト。
電池のパワーがありすぎで、
1周目と2周目はテーブルトップを飛び越えていたので、
ちょっと怖いなぁと思っていましたが、
着地がテーブルトップの下りに降りてバウンドして、そのままコースアウトでした。
ここは私的にはFRPブレーキなので減速が少なく、タイムを稼げるポイントという考えなので、
まさかコースアウトするとは思ってもいませんでした。
まあ、この気の緩みがマシンに移ったんでしょうね。

こうして、私のレースは終わりました。
今日は家庭の用事の途中で抜けて来ていたので、
ここで撤収させてもらいました。
ご挨拶もせずに帰らせてもらってすみませんでした。

反省すべき点は多々ありますが、
次のUWRに繋がる流れは作れたんじゃないかと思っています。

次はマンガ倉庫宇部店のナイトレースになるのか、
それともUWRになるかはわかりませんが、
落ち着いた気持ちで参戦したいですね。
もう、あれこれ忘れ物をするのは勘弁して欲しいです・・・(^_^;)

【告知】7月1日ホビーゾーン可部店逆走ナイトレース

来月の一日、7月1日月曜日に、ホビーゾーン可部店の二階常設コースを使って、ナイトレースを行います。

今回はいつもと趣向を変えて、コースを逆走でやりたいと思います。

逆走になってのマシンへの影響は・・・全く検証されておりません(^_^;)

練習走行は逆走、順走と時間を分けて行いますので、順走だけされたい方も全然OK。

参加費は一人1エントリーで500円、開始の時間は19時より始めます。

レース形式は人数にもよりますが、基本総当たりで行う予定です。
なので、走らせるマシンは変更しても構いません。

レギュレーションは基本タミヤ公式の規則になります。
ただし、充電器等は禁止しませんので、各々安全の範囲内で使っていただいてもOKです。
いつもの可部スタイルで大丈夫です。

ジャパンカップ広島大会の前の週ということで、最後の調整にもなると思うので、お気軽にご参加下さい。

ホビーゾーン可部店逆走ナイトレース
開催日 2013年7月1日
開始時間 19:00〜
参加費500円

主催 まゆパパ
協賛 ホビーゾーン可部店

問い合わせ、質問等あればTwitter、ミニ四駆ちゃんねるで「まゆパパ」と検索!

<<back|<5678910
pagetop