July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

液晶テレビ part2

さて、実際に見てきました。
LC-32D30
LC-32GH5
32CV500
32C3800
KDL-32J1
KDL-32F1

機種ごとの云々を語る前に、一言。

「倍速液晶じゃないとダメ」

倍速液晶を見たあとで、倍速なしを見ると、目がちかちかしてお話になりません。
これは誤算でした。
しょうじき、液晶テレビ初心者な私は、
液晶ならどんなでも大して変わらない、と思っていました。
まあ、上級グレードとエントリーモデルでは違いがあるだろうな、
位は思っていましたが、
それ以上に倍速のあるなしでここまで違いがあるとは。
これで、倍速なしのエントリーモデルは選択肢から脱落。

倍速つきで選ぶとなると、アクオスのLC-32GH5
もしくはブラビアのKDL-32F1になります。

ではどちらも実際に画面を見てみます。
LC-32GH5は液晶は綺麗ですが、なんとなく色に深みが無いような気がします。
薄い感じがする、というか。
一方、KDL-32F1はくっきりはっきり系ですね。
色が濃く感じます。
綺麗さでいえばアクオスだと思うのですが、
色の好みはどちらかといえば、ブラビアです。
この勝負ほぼ互角。

画質以上に気にしているのが電子番組表。
これが見にくいと、絶対イライラすると思うのです。
今現在スカパーの電子番組表を使用しているのですが、
これがまた古いせいか見にくいのなんのって。
なので、結構重視しています。
これはアクオス、ブラビアとも見やすさはかなりのレベルだと思います。
新聞を見るイメージで、番組を探すことが出来ますね。
スカパーの電子番組表とは格段の進歩です。
この勝負もほぼ互角です。

性能的にはまったくの互角。
では、デザインはどうでしょう。
アクオス、ブラビアとも液晶テレビらしいデザインになっています。
しかしスピーカー部などの処理はブラビアの方がこなれてますねぇ。
液晶画面以外の枠の部分も、ブラビアの方は薄くて、
全体のイメージもスタイリッシュです。
ここではブラビアの圧勝。


実家の希望はアクオスでしたが、
私的に考えてみた結果はブラビアでした。
今回のテレビ購入に当たって、全権を任されているので、
ブラビア決定!
KDL-32F1に決定!

ブラビアに決定するに至りましたが、
書いていないところでもう一つ考えていたことがありました。
それは録画するためのレコーダーのことです。
大きなテレビを買った→録画したくなる→レコーダーが欲しくなる
まあ、間違いなくこのパターンになるでしょう。
今回はテレビを買え!という指令だったため、
基本レコーダーのことは考えなかったのですが、
やはり同じメーカーのレコーダーを買う方が
いろいろと幸せになれると思います。 <連携機能など
そういう意味で、ソニーのレコーダーの方がレコーダーとしてのイメージがわきます。
シャープのレコーダー、うーん、イメージがわかない・・・

そして最終回は購入編です。
テレビ購入、もう1回ほどお付き合いください。

つづく

液晶テレビ part1

実家に薄型テレビを、ということで特命を受け、
ただいま研究中でございます。
希望は「液晶テレビといえばアクオス」ということらしいです。

置き場所やサイズ、予算の関係で32V型で探します。


まず希望のシャープのアクオスから。

LC-32D30
一番安いアクオス。
フルHDでも、倍速液晶でもない、一番スタンダードなタイプです。

LC-32GH5
こちらは倍速液晶のタイプ。
D30よりもワンランク上のモデルです。


続いて、私の個人的希望の東芝のレグザです。

32CV500
レグザの一番シンプルなモデル。
特長的な機能もなく、エントリーモデルです。

32C3800
CV500よりもワンランク上になります。
フルHD液晶搭載のタイプです。


こちらも私の個人的希望のソニー、ブラビアです。

KDL-32J1
ブラビアの32V型ではエントリーモデルになると思います。
デザインは他社よりも優れていると思います。

KDL-32F1
J1シリーズよりもワンランク上のモデルです。
フルHDではありませんが、倍速液晶なので目が疲れません。


どのメーカーもスタンダードモデル1機種と、
そのワンランク上のモデル1機種を選んでみました。
機能的には、倍速液晶があるかどうかと、フルHD液晶かどうか、
その違いです。
フルHDについてですが、正直自分的にはまだ早いというか、
それが生きるコンテンツがないかなぁ、という印象。
なので、そこまでのこだわりはありません。
倍速液晶のあるなしはデモで見る限り大きく違いが出てくるので、
出来ることならあるタイプを選びたいと思っています。
ただし、予算的なことを考えると、3万円以上の差があるので、
なかなか難しいところです。

やっぱり実際に見てから出ないと決めることは出来ないと思うので、
次は画面を見て、ちょっと触ってみようと思います。

つづく

ブツヨクリスト

久しぶりに、ブツヨクを全開にしてみたいと思います。

パソコン
今のDELL Dimension E520は、もちろんまだまだ現役なのですが、
セカンドPCとして、省スペース型のデスクトップ、
もしくはノートPCの購入を検討中。

薄型テレビ+レコーダー
液晶タイプの薄型テレビが欲しい。
もちろん録画もしたいので、DVDもしくはブルーレイのレコーダーも。
大きさはあまり大きなものは考えていません。
家、アパートなんで。

掃除機
やっぱり、今買うならサイクロンタイプだよな。
ダイソンが欲しいけど、あれ音が凄いんだよね、「キュイーーーン」って。
あ、排気がキレイなタイプも候補です。

デジタルビデオカメラ
ソニーかパナソニックが候補になると思いきや、
一番ブツヨクを刺激しているのはキャノンのiVIS。
あれが一番コンパクトで持ちやすかったです。

ハァハァ、こんなもんかな。

W61S ケータイアップデート

au携帯電話「W61S」の「ケータイアップデート」開始のお知らせ

あらら、私のケータイがアップデートの対象になっています。

ケータイアップデートにて以下の事象が改善されます。

電源OFFの状態で充電すると電源が入らなくなる場合があります。

キー操作が効かなくなる場合があります。

待受け時間が短くなる場合があります。

Eメール着信音が設定した音量より小さくなる場合や、
Bluetoothを使用した音楽コンテンツの再生時に
音飛びが発生する場合があります。

EZwebの接続やEメールの通信に失敗する場合があります。


・・・・あぁ、心当たりあるわぁ。

<キー操作が効かなくなる>
なるなる!
フリーズしたみたいに、というか、完全にフリーズ。
まったくキーを受け付けなくなりますね。
これがいつもなら「キー!」ですが、本当に時々なんですよね。

<待受け時間が短くなる>
なるなる!
短くなるというか、電池状態の表示が今までと違う感じでした。
フルの「3」の状態が短くて、「1」の状態が意外と長く感じていました。
まさに、これこれ、の症状です。

<EZwebの接続やEメールの通信に失敗>
なるなる!
先に出たフリーズと似た症状で、特にEZwebの接続時によくなります。
これはサーバーが混雑してもなるので、そうなのかな、と思っていました。
この原因が携帯本体にあったとは・・・


で、これを書いている間にアップデート終了。
ちょっと触ってみた感じでは特に変化は感じませんでしたが、
一つ劇的に変化しているところを発見しました。

カレンダーを表示したときに
その日に撮った写真も一緒にサムネイルで表示されるのですが、
今まではそのサムネイルは砂時計マークが出て表示されませんでした。
ファイルサイズの小さいものは表示されていたのですが、
サイズの大きいものは必ず砂時計。
その砂時計が表示された後きちんと表示されるならまだしも、
ずっと砂時計のまま。
ちゃんと写真が表示できないんじゃ作動が重くなるだけだからこんな機能いらない、
だったのですが、
アップデート後は表示までサクサクに。
砂時計が出ても、すぐに写真が表示される。
当たり前なのに、当たり前な状態になって嬉しい。

たぶん他にもいろいろ変化があると思うのですが、
とりあえず気がついたのはこれだけ。
引き続き、W61Sの進化には目を光らせておきます。

au夏モデル発表

今日、au夏モデルが発表になりました。
各機種の感想はもう少し研究してからにするとして、
待望の「LISMO Video」について書いてみましょう。

ケータイが映画館――映像レンタル「LISMO Video」開始

上の記事にあるように、LISMO Portをアップグレードします。
そうすると、LISMO Videoが使えるようになるわけですが、
アレレ、どうして、使えません。

どうやら、「HDCP」という著作権保護技術に対応していないから、とのこと。
windows vistaが比較的まともに作動しているので、
ビデオカードはたぶん大丈夫、という気持ちでした。
しかし、今使っている「GeForce 7300 LE」という
ビデオカード自体が「HDCP」に対応していないようです。 orz

ショックです、まさかこういう事態になろうとは。
ちょっと面白そうなコンテンツなのでさっそく遊んでみよう、
と思っていたのですが、まさかまさかの展開です。
ビデオカードのランクを上げれば済むことなのですが、
試しに遊んでみたい、程度の気持ちでは、
わざわざビデオカードを買うのもなんかね。

あぁ、W61Sに機種変更をしたばかりなので
端末そのものの発表よりも、一番楽しみにしていたのに・・・

PLANEX ハイスピード80倍速microSDカード2GB PL-MicroSD2G

W61Sに機種変更してから、他の機器で使っていたSanDiskの
microSD 1GBを使いまわしていました。
スピードや容量に特に不満は無かったのですが、
他のものを買う「ついで」に・・・

メーカーに特にこだわりは無いので、転送スピードの速いものを物色。
値段とスピードを考えてこのmicroSDを購入しました。
W61SはmicroSDHCが使えないので、使用できる最大の容量でも2GBしかありません。
ただ、「しか」ありませんといっても、これだけあれば十分こと足ります。
もともと本体に容量が大きめなので(750MB)、余裕はあったのですが。

データの移行を終了して思うのは、本当に「ハイスピード?」
80倍速というのも、いまいち基準が良くわからないし、
大体80倍も速くなった気がしません。
心なしか速くなった?位のスピードアップしか感じられません。

ですが、容量に余裕がある、というのは精神衛生上良いものですね。
ギリギリでももちろん使用上の問題はないのですが、
余裕が無いとどうも気持ちが落ち着かなくて。

こういうメモリーに時々ある相性問題も、
今のところ問題なく作動しているみたいですので、
よろしいのではないでしょうか。

「お友達」→「仲良し」→「ラブ」

Finepix Z200──少し気恥ずかしい「恋するタイマー」搭載

なかなか面白い機能ですね。
でも、自分の頭に浮かんだイメージは、あまりかわいいものではありませんでした。


おやじA
「このカメラはねぇ〜二人が近づくとシャッターが切れるんだよぉ〜」

女性A
「いやです、止めてください!」

おやじA
「いいじゃねーか、もっと近づけよ」

女性A
「きゃーやめてー!」



すみません、妄想がひどくて・・・ (;^ω^)

W61S用保護フィルム

SN3D00320001.jpg
丁寧に貼り付けてみました。
液晶側は上手くゴミも入らず貼ることが出来たのですが、
カメラのレンズ部分は、端っこに小さいホコリが…_| ̄|○

撮影に影響ない所だから、ガマンしようか…

W61S カメラ機能編

えっと、ケータイ、ケータイ・・・・・

W61S 001

なになに?

W61S 002

あれ?気がつきました?

わざとらしいですね。
連休中に一言だけ書いていましたが、
実は「Cyber-shotケータイ W61S」御購入済でした。

少しですが慣れてきたところで、レビューなんぞを。

モックアップモデルを触ってわかるようなレビューなんて
まったく必要ないと思いますので、
所有者しかわからないような
重箱の隅をつつくようなレビューでも書いてみようと思います。

たぶんこの機種を買う人はカメラ機能はかなり重視されると思います。
「サイバーショット」というソニーの
デジカメのブランド名が付いているわけですから。
もちろんデジタルカメラとしては画質的にも駄目だと思うのですが、
携帯電話のデジカメ機能としては十分合格点を挙げることが出来ると思います。
私が気に入ったのは「スマイルシャッター」などの目玉機能ではなくて、
メモリーカードと本体に同時に写真が保存できるというところです。
メモリーカードには原寸の「2592×1944」の写真、
本体には携帯で見ることを考えて、「640×480」サイズの写真を保存。

私は携帯で写真を撮っても、デジカメで撮っても、
パソコンにすべてコピーして管理しています。
ですのでメモリーカードの写真は原寸のままパソコンにコピーして
大きくて鮮明な画像で保存して、
携帯には携帯で見るのだから小さくても軽い画像が
保存されているというのが非常に都合が良い。

ここまではよくあるレビューですが、私らしくもう一つ突っ込んだところを。
携帯電話に保存される「ミニフォト」機能。
640×480というサイズで保存されるのは先ほど書きました。
このサイズにちょっと問題があるのです。
ブログとの連携はこの携帯の売りでもありますが、
私が今使っている「JUGEM」では、このサイズで投稿すると大き過ぎなのです。
JUGEMではこの半分のサイズ「320×240」がベスト、
ということは、せっかくそのまま投稿できるように、
という意味も含めて「ミニフォト機能」があるというのに、
またこの写真をリサイズしないといけない。
二度手間じゃん。
せっかく素早くブログに投稿しようとしても、手間のせいでちょっと億劫に。
まあ、そんなに手間というほどのことは無いのですが、
せっかくの機能が微妙に使い勝手が良くないというのは非常に残念です。
このミニフォトのサイズを変えることが出来ればいいのですが、
どうも出来そうにない様子。<もし出来れば教えていただきたいです
うーん、詰めが甘いというか惜しい機能です。

ちょっと長くなりましたので、
続きはまた後日。

待ちくたびれた

W61Sの話。

出る出ると言いつつ、結局いまだ発売日すら決まっていませんが、
この「早く使いたい!」という気持ちが、ずいぶん萎えてしまいました。

発表があったのが1月下旬。
そして、もう4月も終わりに差し掛かっています。
3ヵ月です。
「春モデル」として発表された機種は次々と発売され、
気がつけば残るはW61Sだけになりました。
正直な気持ち、待ちくたびれて、待ちわびて、
どうでもいいかな、という気持ちになってきました。
予約しなきゃ、という気持ちもほとんどなくなりましたし、
どうしても買わなきゃ、という気持ちもそこまで強くありません。

W61Sが発表されたときに感じた
「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」
という気持ちはどこへ行ってしまったのでしょうか?

もう、このまま予約せずに、
発売されて、店頭で在庫があれば買う、
という形にしようかな、なんて本気で思ったり、
5月の中旬には夏モデルの発表も噂されており、
そこまで待って、次を見てから購入そのものも考える、
ということも考えなくも無かったり。

あぁ、この気持ちをどこで折り合いをつけるか?
悩ましい日々は、あと1週間近くは続きそうです・・・・・
<<back|<12345678>|next>>
pagetop