May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ミニ四駆グランプリ2016 SPRING 岡山大会

行ってきましたよ、おもちゃ王国へ〜♪


今回はチームこいのぼりとご一緒させてもらいました。
くっしーさん、オムさん、はまさんと私の4人で乗り込みました。
集合場所では豪雨だったのでテンションだだ下がりだったのですが、現地に着いた頃にはすっかり雨は止み、気がつくと雲ひとつない快晴に。


今日の晴れ男ありがとうっ!
現地でのピットは先程の4人と山口県から来られたエンペラーさん親子の合計6人の合同ピットを組みました。





参加マシンは徹夜して作ったFMXX。
まあ、普段から作りなれてるので、手が動き出せば、チャッチャッとですよね(^_^;)
今回のセッティングのキモは、アイガー上りを低く飛ぶ、です。
ヒクオユニットのマスダンパーをいつもよりも重くするのと、可動域を極端に少なくして、登りきった時に重心が上に行かないように。
あとは、バーニングという事で、スラストはほぼゼロに近づける。
駆動系はいつも通りなので、スピードもいつも通り出ると想像。
シェイクダウンなんてしませんからね。
えぇ、初めて走らせるのが一次予選(^_^;)




FMXX
モーター:ハイパーダッシュ3
ギヤ比:4.0:1
電池:パワーチャンプGT


【1次予選】
横一線のスタート。
ドラゴンバック着地もほぼ想定通り。
アイガー上りで挙動が乱れることなく、スピードもしっかり出ている。
4周目の上りアイガーで一瞬フワッとなってヒヤッとしましたが、あとは危なげなく1次予選通過。



あざます、あざます


タイムはストップウォッチが止まらなかったので正確なタイムではありませんが、測ってくれたはまさんによると、31秒後半から32秒前半のようです。
よしよし、タイムもほぼ想定通り。
ただ、これ以上のスピードはリスクがあるのと、ドラゴンバックの着地で飛びすぎの恐れがあることから、2次予選は同じセッティングで行くことに。
ひとつ変えたのは、あのフワッとなった原因を、スラスト抜けと判断。
マスキングテープ2枚分だけスラストを増やす。
1°くらいは増えた感じ。
これでアイガー登りきった時に、ローラーがフェンスに接触していても、キッチリコースに押し込んでくれるはず。





【2次予選】
さすが2次予選、ちゃんとスタートしたつもりだったのですが、やや遅れ気味。
しかし、ドラゴンバックの着地、アイガー上りでは安定した挙動で順調に周回。
2周目に入った時点で1位に。
しかしすぐ隣に2位のマシンが並んでいる。
2周目のドラゴンバックは自分のマシンが先に入りましたが、飛び出しでマシンの右が上に上がったような状態に。
ヒクオの動きで姿勢は少し戻りましたが、着地で右フェンスに乗り上げ。
1番イン側のコース(5レーン)だったこともあり、そのまま弾かれてコースアウト・・・


くぅー残念!


この組のトップは32秒中盤から後半だったので、自分にもワンチャンあったなーと。
速度超過でのコースアウトじゃないのは、次に繋がる感じなのかな。
着地の位置的には、1次予選とほぼ同じところに着地出来ていたと思うので、そこは合格。
この横ブレは、やっぱりスライドダンパーなのかなぁ・・・



同じピットのメンバーは、しっかり完走はしましたが、スピード不足からの速度負けでした。
みんな!モアスピードやで!w



正直、次の参加予定にしている愛媛大会に向けて、いい経験になりました。
そして、いいデータが取れました。
更に言うと、FMXXが戦えるマシンになってると再認識。
もっと言うと、FMXX以外のマシンのレベルが低いとショックを受ける・・・(T_T)



さあ、次はミニ四駆ウイークですよ!


4月30日:某所
5月1日:こいのぼり早朝レース
5月2日:ホビーゾーン可部店ステップアップナイトレース
5月3日:ゴルフ(知らんがなw)
5月4日:SPRING愛媛大会



ではでは。
次のレースも楽しみましょう!


Keep On Running!




追伸
行きも帰りも運転してくれたオムさん、ありがとうっ!
オムさんが退屈しないように色々と話しかけてくれていたはまさん、ありがとうっ!
あと、くっしーさんには隣で速攻寝てしまって申し訳なかったですm(_ _)m


また、みんなで遊びに行きましょうっ!





第32回こいのぼりミニ四駆大会

今夜も、紳士淑女(一部)の宴やでw



今回の限定レースはMS。
昔MSを使っていたのですが、せっかくなので全くの新機構に挑戦という事で、巷で噂の北陸フレキにチャレンジしてみました。


作るのは意外と簡単。
ぱぱっと1日で形に。
ただ、セッティングは難儀しました。
これまでカチッとした車作りをしてきたせいか、各部がフニャフニャ動くと、全ての勝手が違う。
ブレーキにしても、静止時と稼働時では地上高も変わるので、どこを基準にしたらいいかわからない。
とりあえず走らせながらいい高さを探るしかない。
まあ、これをレース当日のセッティングでやってるようではアカンのですけどね(^_^;)



【MS限定クラス】
1回戦
ライトダッシュP
3.5:1
ネオチャンプ1.30V


これは安定側に振りすぎたw
まずは完走という事でしたが、さすがにこれは遅すぎました(^_^;)
しっかり完走で速度負け。
マシンの挙動は意外に良くて、まだスピード出しても大丈夫そうな感じ。



敗者復活戦
ライトダッシュP
3.5:1
ネオチャンプ1.42V


実は1回戦は電池を間違えてたんだよねw
本来は1.38Vのつもりだったので、一気に上げてみた。
いや、上げたんじゃなくて、本来やりたかった事だけど。
マシンの挙動は比較的安定。
まだまだスピードは出せそう。
ただブレーキの効き過ぎで、こいのぼりバンクで停まりそうな勢いw
それ以外のセクションでの速度域は勝てるレベルまで上がりましたが、バンクで引き離される展開で、そのままゴール。


うーむ。
残念。



オープンクラスにもMS出して、さらに実戦経験を積もう作戦。




【オープンクラス】
1回戦


MA
レブチューン2P
4.0:1
ネオチャンプ1.46V


スピードを出すも言うよりも、完走させる事を意識したセッティングで。
速度域的にはワンランク遅かったですが、キッチリ完走して2回戦進出。
前後マスキングブレーキで、いいジャンプの姿勢だった。
次はもう少し電圧上げられそうな感じ。



MS
ライトダッシュP
3.5:1
ネオチャンプ1.51V
r />

熱々チンチン電池で行く。
スタートから頭ひとつ抜けたまま周回を重ねる。
気がついたら2台コースアウトして自分だけ。
しかしファイナルラップのレーンチェンジジャンプでバイーンw
さすがにこの電圧は無理がありました(^_^;)


全車コースアウトなので再レースがあると読んで、すぐに次走れるように準備する。
が、再レースは無し・・・orz
1台2回戦に上がっているので、敗者復活戦も無し・・・
うむ、残念。


こうなったら、MAで攻めちゃるんじゃけぇ。


2回戦
MA
レブチューン2P
ネオチャンプ1.49V


あーみんなの速度域が上がって、全くついていけないわーで、完走して速度負け。
まあ、MAが勝ち上がっても、これ以上は無理かなーと思ってたので、当然の結果。



それにしても、北陸フレキのMSは面白い。
まだまだ発展途上だけど、これから煮詰めていけば、もっと戦えるマシンになりそうな感じ。
よし、3レーンはしばらくこいつメインでやってみよう。


MAは・・・まあ、走るだけって感じなので、特にコメント無しで(^_^;)



さて。
次はスプリング岡山大会ですが、このレポートを書いている時点で何も出来ていないという事態。
さあ、これからFMXXのシャーシを切ったり貼ったりして間に合うんじゃろうか?
まあ、間に合いそうに無かったら・・・
今走るマシンはMSしかないから、MSで行くかな。
それはそれで面白そうではあるけど(^_^;)



オープンクラス終了後は、恒例のチーム戦。
でしたが、人数の関係で、参加を断念。
うーん残念。
MSに電池入れて準備もしてたんだけどね。
まあ、仕方ない。




今回もたくさんの参加者の方々、お疲れ様&ありがとうございます。
運営の院長にも、ありがとうございます。


次はおもちゃ王国で!


次はこいのぼり朝レースで!


次はホビーゾーン可部店ステップアップナイトレースで!


次は今治で!

第31回こいのぼりミニ四駆大会



今月もこいのぼりの大会に参加してきました。
年度末ということもあり、参加者はやや少なめ。
あまり見かけないレーサー達もいらっしゃって、新しい風が吹いてるなーって感じで、ちょっと新鮮。


限定レースは先月に続き、TZ・TZ-X限定。
先月情けなかったので、今月はリベンジだぜ!
・・・が、こいのぼりバンクで止まるなど、走りに精彩を欠いて、完走すら出来ずに情けなく敗退。
なんでや・・・先月、今月と本気だったのに。
マシンの出来はいいレベルになったと思ったけど、ブレーキをコースに合わせる事が出来なかったという事。
まだまだ精進やで。





オープンクラスは、当初の予定では、FMARとFMTZ-Xでしたが、練習走行中にクラッシュのアクシデントでモーターカバーが破損しまして、急遽FMXXを出す事に。
セッティングは全くしていませんでしたが、FMXXなら走りのイメージが出やすいので、脳内セッティングで。
フロント側を重くして、レーンチェンジジャンプに捩じ込む作戦。


FMTZ-X・・・スピードは控えめ。完走狙いでしたが、デジタルコーナー通過後にまさかの停止。
マシンを回収したら、モーター&ギヤケースがまるごと外れてました(^_^;)
おいおい、どんな衝撃w
たぶんちゃんとはまって無かったのが原因だとは思いますが、まさかこんな所が外れるとは。
1回戦敗退からの敗者復活戦敗退。


FMXX・・・セッティングは走らせながら。頭から捩じ込み作戦は、マシンバランスを崩したようで、レーンチェンジジャンプでことごとくコースアウト。
電圧を落とし過ぎると遅すぎる。
うむ、バランスが難しい。
ヤケになって、ヒクオユニットのマスダンパーを軽くしたら、なぜかスパスパ入るように。(あれっ?)
どうやら、頭を下げすぎて、弾かれるような挙動になっていた模様。
情けね〜


2回戦の全車コースアウト2回の再レースに救われて、やっとそこでセッティングがピタリと来る。
ネオチャンプの電圧は1.46V。
この速度域で、ようやくレーンチェンジジャンプにスパッと入る感じに。
あとは再現性だけ気をつける。


速度域的には5番手くらいだと思うけど、相手コースアウトにも助けられて、どうにか準決勝へ。
相手はツボにハマった時の速さは目を見張るものがあるしげやんさん。
自分のマシンがやや前に出る展開で進む。
ファイナルラップでマシン数台分くらいリードしていましたが、徐々に追い上げられる展開。
ラストのこいのぼりバンク降りた所でほぼ並ばれる。
そして最終コーナーを曲がりながら、さらに差が縮まる。
スピードはしげやんさんの方が上なのでやられた!と思ったが、ほんの数センチ差で自分が逃げきり。


ε-(´∀`*)ホッ


おー!会場がどよめく。
これが今日のベストバトルでしたね。
本当にこういう勝負が出来て嬉しかったです。
ぶっちゃけ、こういう勝負が出来たなら、正直負けてもいいとさえ思うくらいのいい勝負でした。


決勝は、山口NightStyleのよっしーさん、こいのぼり院長、そして自分。
ここまで来たら、完走狙いとかツマラナイな事は言わない。
勝負の1.47Vで。
レーンチェンジジャンプを運でもいいので入る事を祈る。


勝負の電圧にしてるのに、他の二人の方が速いじゃん(^_^;)
ブレーキバランスで追いつき、スピードで離される展開。
が、気がつくと、あれ?優勝してる?
コーフンしすぎで、レースをよく覚えてないw



とにかく、しゃー!w



オープンの優勝は本当に久しぶり。
2014年の2月以来なので、2年ぶりになりますね(^_^;)
いや〜長かったな〜
結果については、とにかく嬉しいです。


でも、内容はな〜
スピード的には全然負けてたし、組み合わせや相手のコースアウトにも助けられてるし、実力でむしり取ったという感じではないと思っています。


唯一良かったのは、みんなが強めのブレーキでセッティングしていたのに、自分は緑×緑の弱めのブレーキで攻略出来たのが収穫でした。
これは先日のナイ☆スタGPの時のブレーキをアレンジしたのですが、意外とこれはハマった感じがしましたね。
実際、上りスロープ→ドラゴンバック→下りスロープのところでのバランスは一番よかったんじゃないかなぁ。
まあ、それだけ減速が少ないという事は、レーンチェンジジャンプでの挙動がギリギリだったという事でもあるんだけど。


レース本編後には、久しぶりのチーム戦を。
チームMPP、チーム私(院長)、チームよっしーに分かれて。
我がチームはコテンパンにやられちゃいましたけど、みんな楽しくミニ四駆出来たので、自分の心の中では優勝かな(^^♪
下はチームメイトとの集合写真。
こういうのがいいんやで。





さて、つぎのレースは・・・参戦は来月のこいのぼりまで難しそうです。
間でナイ☆スタGPもあるけど、ちょっと厳しいかなぁ。
実は今回の参戦も危ぶまれる状況ではあったんですよね。
年度末恐るべし。
という事なので、ボチボチマシンのメンテナンスをして、出られる状況なら出ればいいし、無理そうなら1ヶ月のんびり行きたいものです。

あ、来月からの限定はMSシャーシに決まりました。
自分がミニ四駆に復帰した最初のマシンがMSだったので、とても思い出深いですが、あの当時とは全く状況も変わってきているので、どうやって料理するか?と新鮮な気持ちでマシン作りしていきたいと思っています。

フレキシブルとか、サス車が有利なのかなぁ?
色々と妄想は尽きませんな(^^♪

では、また来月も・・・

Keep on Running!?( ^ω^ )?

あざました〜




今日のセッティング
マシン:FMXX
モーター:トルクチューン2
ギヤ:4.0:1
電池:ネオチャンプ
電圧:1.46V
フロントブレーキ:緑
リアブレーキ:緑

ナイ☆スタGP第8戦



今月も遊びに行って来ました。
今回は基本個人参戦で、現地でチームこいのぼりの院長、くっしーさん、はまさん、チェスターさんと合流。







予選リーグは、チェスターさん、ありさちゃんと同じグループ。
むむむ、強豪揃いでこりゃマズイな・・・という感じ。
なので、予選なのに、結構無理してスピードを出す(^_^;)


レースはFMXXで勝ち、FMARで負けるという、前回と同じ展開でしたが、なんとかポイントをむしり取って、リーグ1位で予選通過。
ありがとうございます。
まあ、中身的には完走狙いからの相手のコースアウトに助けられたりした事がもっとも大きかったんですけどね(^_^;)



決勝トーナメント
予選リーグのシードで準決勝から。
予選リーグや準々決勝での走りを見る限り、これは優勝の走りやで、な走りをされていたやまたけさんと。
自分的には、自分のマシンであそこまでスピードを出す事はリスクが多過ぎるので、入る確率50%以下になる1.50Vを止めて、確率90%で1.47Vを選択。


レースは当然のようにスピード負けでした。
そして、そのままやまたけさんは優勝されました。
おめでとうございます。





優勝は九州のTEAM North9のやまたけさん
準優勝は山口NightStyleのありさちゃん
3位はチームこいのぼりのレジェンド、くっしーさんでした。



決勝の九州VS山口VS広島の対決は本当に見応えがありました。(何かの抗争みたいw)



反省と総括ですが、まあ速度域はそんなに見誤ってはいなかったと思うのですが、レースプランがヘボかったなぁという印象。
準決勝で、なぜリスクを侵してまで勝負出来なかったのか?その辺に自分のチキンぶりが見て取れますね(^_^;)


あと、FMARがそこそこのスピードが出せていたのは、収穫でした。
去年の年末辺りから走行回数が上がって、少しずつですが戦闘力も上がり、左右のバランスの悪さも少しですが解消されつつあります。
まず3レーンで戦える下地をしっかり作って、公式を視野に入れたマシン作りを続けていきたいですね。


とにかく、決勝の九州VS山口VS広島の対戦が本当に面白くて。
次はあのシーンに自分が加われるように頑張ります。







追伸
ずっと宇部ナイトレースの象徴だったマンガ倉庫宇部店の電気が消えていたのが、とても寂しく感じました事をここに記しておきます

ホビーゾーン可部店ステップアップナイトレース

【追記】
フライヤーが出来ました



この度、私の所属するTeam☆Route54は、ホビーゾーン可部店さんと協力して、ミニ四駆初心者、初級者を対象としたミニ四駆大会を開催します。

昨今の広島ミニ四駆シーンの盛り上がりは凄まじい物がありますが、これまでされている方々が中心となっている為、新しく始められる方々にとっては、とても敷居が高く感じられる状態になっています。
特に店舗レースでは、その状態が顕著に出ています。

今大会の目的は、初心者や初級者、ジュニア達が気軽に参加出来る大会、そしてレース経験を積んで、他店舗のレースに挑戦するベースとなれるような大会を目指しています。

記念すべき第1回大会は、4月に行う予定なのですが、それに先立ちまして、プレ大会として「第0回ホビーゾーン可部店ステップアップナイトレース」を3月に行う事になりました。


2016年3月21日:プレ大会

2016年4月4日:第1回ステップアップナイトレース

プレ大会の日程、また詳細は現在調整中なので、決まり次第発表させて頂こうと思います。

気軽に参加出来る大会を目指していますので、皆様お誘い合わせの上、参加頂ければと思います。
特にミニ四駆を初めて間もない方、レース経験が無かったり少ない方、そういう方々をメインの対象にしていますので、それ以外で参加を希望される方はご相談下さい。

広島のミニ四駆シーンをこれからも盛り上げていく為にも、少しでもたくさんの方々に参加して頂きたいと思っております。
そして、みんなで楽しくミニ四駆出来ればと思います。
よろしくお願いします。




大会名「ホビーゾーン可部店ステップアップナイトレース」

主催:ホビーゾーン可部店


運営:Team☆Route54


場所:ホビーゾーン可部店1階常設コース


日時:基本、毎月最初の月曜日19:00から


趣旨:ジュニアを含め、初心者や初級者が参加しやすいミニレース(上級者とはクラス分けを検討)を経験する事により、2階常設コースや他店舗レースへの参加の為のステップアップ。また、中級者、上級者においては、改造に制限を設けて、マシン作りの基礎力向上を目的とする。


想定参加人数:10〜20名


レース方式:トーナメント戦を基本とし、参加者が少ない時はリーグ戦もあり。他店舗レース方式を採用する場合もあり。


参加費:無料(コース使用料はお支払い頂きます)


告知:ホビーゾーン可部店店舗内フライヤーにて。



大まかなレーススケジュール(予定)


19:00・・・会場清掃
19:10・・・レースミーティング(レース方式、事務連絡等)
19:15・・・レース開始(早く終わった場合はフリー走行)
20:45・・・片付け
20:55・・・終了
21:00・・・閉店

ミニ四駆グランプリ2016 NEW YEAR広島大会

今年初の公式大会に行って来ました。
地元開催ということもあり、時間的にも色々と余裕があるはずでしたが・・・
5:30集合ということでしたが、5:33チームメイトからのモーニングコールで起床w
本当に申し訳ないです。
こんな幕開けの2月14日、どんな1日になったのでしょうか・・・



現地着は6:30だったのですが、すでに長蛇の列(^_^;)


みなさん早すぎです・・・。
エントリー番号は「291」でした。
ニューイヤーでこれなら、ジャパンカップとかどうなっちゃうの?という心配が先に来るくらいの状況ですね。



ピットはレース会場の横のスペースが縮小されたことにより、すぐにいっぱいになりました。
少し離れたところにある元フードコートのピットも自分がエントリーシートをもらった時点ではほぼいっぱいに。
自分達は山口から来られたエンペラーさんのピットにご一緒させてもらいました。
ありがとうございます!



出場マシンは当初の予定通りでFMXX。
いつまでもこのマシンにすがっていてもダメなのは承知してますが、このレベルのマシンは他に持っていないので、コイツで行きます。


【1次予選】
セッティングはこれまでの大会での動画や皆の話を参考にして、タイヤの接地感を意識。
フロントの高さを上げて、バンクでの失速を可能な限り抑える方向でセッティング。
フロントの高さを4.0mm、リアは1.6mmにしました。
そして、もうそろそろ自分のエントリー番号の招集があるかなーという時間帯になって、なぜかドラゴンバックで飛びすぎるイメージが頭の中を侵食してくる。
なぜこういう気持ちになったのかは不明ですが、このままでは2秒で飛ぶ、マズいブレーキを着けなければ・・・
最初にセッティングした状態に、リアに緑ブレーキを追加。
高さは1.2mmに落ち、気持ちも落ち着きましたが・・・



さらに飛ぶことを警戒して、電圧低めのネオチャンプを選択したこともあり、スタートからドラゴンバックまでで、すでに遅れ気味。
当然の様に注意していたドラゴンバックは余裕でクリア。
しかし、ここからバンクを通過する度にマシンは減速。
そりゃそうですよね、前後ともノーブレーキ、もしくは前後マスキングブレーキのつもりでセッティングしていたのに、その高さのまま、リアにブレーキを着けたんですから。
もう恥ずかしくなるくらいのスピードしか出てません。
さらに追い打ちをかけるのが、全体のレースでは飛ばし過ぎでコースアウトするレーサーがかなりたくさんいたのですが、なぜか自分のレースは全車完走。
そして、自分のマシンはブッチギリドンケツビリでゴール。


レース後にリアの緑ブレーキを引きちぎってやったわwww



レース全体の進行が早く、全員の1次予選が予定よりも1時間早く終わりました。
こりゃ午後の抽選でリベンジ出来るで!という事で、セッティングの見直しをしました。
ブレーキですが、元々考えていた通りに、フロントマスキング、リアはプレートのみ。
電池もマシンバランスを信じて、朝会場に行くまでに充電したネオチャンプ1.46V。
これで1次予選でスピード負けするようなら、作り手に問題ありやで!という感じ。


抽選1発目に呼ばれたので、速攻アタック。



【1次予選2回目】
スタートからグイグイ前に出ていく。
バンクでの減速も最小限、こりゃ調子いいで!
ドラゴンバックからの着地で多少飛びすぎのところもありましたが、抜群の安定感で2位にかなりの差をつけてゴール。
やった!
ありがとうございます!




2次予選まで少し時間があるので、先程のレースを反省しつつ、次のプランを考える。
まずスピードは申し分なかった。
あの速度なら2次予選でも通用する。
バンクの抜けは、前後ともブレーキを上げればもっと早く抜けられると思いますが、ここは今更変更出来ない。
色々と考えて、マシンのセッティングは1次予選と同じで。
電池を1次予選に使ったネオチャンプと同時に充電したものを使う事に。
電池は充電から時間がたって、電圧が下がっていたので(1.45V)、これでドラゴンバック着地までの距離を短くする作戦で。



【2次予選】
3コース。
スタートからトップ集団に食らいつく。
バンクの抜けも申し分なし。
コーナーでの挙動も安定している。
2周目に入った所で1位走行。
しかし、ドラゴンバック着地で乱れてコースアウトでした。

着地の位置的には飛び過ぎた感じではなかった様に思えたのですが、フェンスに乗り上げた感じだったのかなぁ。
遠くてよく見えませんでした。


オツケンでした!



1次予選1回目のツマラナイ走りはとりあえず置いといて(^_^;)、1次予選2回目、2次予選と考えて走らせる事が出来たのはよかったと思います。
特にいつも全体的なスピードで悩む事が多いのですが、今回は早めにその部分に(自分の中の)結論が出ていたのはよかったです。
レースでは悩む部分が少しでも少ない方が、シンプルに物事を考える事が出来ますものね。


今後の課題ですが、やはり5レーンの経験不足が1番に挙げられると思います。
そして、メンタル的な部分。
せっかくレースまで色々と考えて作ったプランを、不安なだけで変更するようではダメですね。
変更するにあたって、そこにもちゃんと意味を見出さないと。
結果気持ちが楽になっただけでしたからね。




さて。


これからの公式大会のスケジュールを見た感じだと、しばらくは公式は無さそうです。
ゴールデンウィークあたりにあるであろうスプリンググランプリの後半の日程次第ですかね。
となると、2ヶ月近く公式大会参戦は難しそうなので、その間は3レーンのレースでしっかり修行を積んで、春以降の公式大会に備えたいと思います。


修行の中身ですが、FMXXに続く第二のマシンをしっかり育てる事。
そして、今年の少しでも早い時期に、FMXXからの世代交代をさせたいところです。


あーあと俺がFMの人じゃないというのも、証明しないといけないのか・・・(^_^;)


(忙しいなw)

【オマケ】
先日こいのぼりミニ四駆大会で走らせたFMTZ-Xが思いの外いい感じに出来たので、コンデレに出してみました。
(出しただけ)

第30回こいのぼりミニ四駆大会

2月10日に行われた、第30回こいのぼりミニ四駆大会に参加してきました。
今回から限定クラス(今回はTZ・TZ-Xシャーシ限定)が本格始動しますが、それに合わせて新車を作る力の入れよう(^_^;)
まあ、普段触らないシャーシをイジることは、今後の為にもなるので・・・と自分を正当化しておこうw




TZ・TZ-X限定クラス


マシンは新車で作ったFMTZ-X。
レース直前のセッティングでシェイクダウン。
が、1回走らせた所でクラッシュからプロペラシャフトの受けを破損。
ペラ受けの修理に時間がかかり、とてもセッティングする時間はありませんでした。
レースが始まる数分前に無理矢理完成。
瞬着もギリギリ乾いたかな?何度かスイッチを入れてみましたが、特に音もうるさくないので、同じ個所が割れない事を祈りつつ、レース開始。


1回戦
セッティングが出ていないのと、全体の完走率が悪かったので、トルク2で完走させる作戦で。
自分の思惑通りにレースは出来ましたが、相手が悪かった。
(MG2さんとプク夫さん)
完走しましたが速度負けで敗者復活戦に回る。


敗者復活戦
極端にセッティングを変更してもいい事にはならないので、モーターは変更せず、電池の電圧をめいっぱい上げて挑む。
今度はそこそこいいスピードで勝負して、相手コースアウトで完走勝ちさせてもらいました。
あざます。


2回戦
敗者復活戦と同じ走りをしたかったのですが、こいのぼりアイガー着地で残念ながらコースアウト。
限定クラスはここで終了。

修理したペラ受けが最後まで持ってくれたのは良かったかな。



オープンクラス
FMTZ-Xの修理に時間がかかったせいで、オープンに出す2台ともセッティングが詰めきれてない。
こうなると、いつも以上の事は出来ないので、定番セッティングにして、入る電圧からスタートさせる。
低ければ速度負けするし、高ければコースアウト。
2回で合わせられれば上に上がれるのだが・・・


FMAR・・・速度はまずまずなレベルで出ていたと思うのですが、コースの最後の辺にあるテーブルトップ下り側でコースアウト。
この手のテーブルトップ、自分のマシンだと跳ねる感じになるので苦手なんだよなぁ。
しかし、敗者復活戦があるので、もうワンチャンや。


FMXX・・・いつものセッティングにした時の走りのイメージは、だいたい頭の中に入ってる。
無難な走りで1回戦突破したかったのだが、こいのぼりアイガー着地でコースアウト。


敗者復活戦
FMAR・・・スピードが乗ってからのブレーキはそこそこ安定感があるのですが、一周めのこいのぼりアイガーの着地で弾かれてコースアウト。
スピードが出る前の不安定な状態でのブレーキに課題あり。
ゆっくりはゆっくりなりに、ハイスピードならハイスピードなりの効きでないと、なかなか勝ち上がれない。
緑ブレーキの勉強やな。


FMXX・・・敗者復活戦まで来て、ようやくセッティングが出たという感じ。
基準電圧を1.48Vに設定。
敗者復活戦なので、最悪でも完走させなければ話にならないので、1.46Vまで落とす。
危なっかしい挙動も一部ありましたが、いい感じの速度域で完走。



2回戦以降
FMXX・・・完走率を上げる為に電圧はさらに落とし1.44Vにしました。
しかしマシンの挙動は一部不安定なまま。
相手のコースアウトにも助けてもらって、あっぷあっぷで準決勝に進出。
ここまで来たら勝負せにゃという事で、1.46V。
当然ぶっ飛んでコースアウト(^_^;)


3位決定戦に回る。


3位決定戦はこいのぼり院長とタイマン勝負。
両者ハイペースで周回していましたが、院長がこいのぼりアイガー着地でコースアウト。
FMXXが無事に完走して、3位入賞。
あざます!





オープンで結果が出たのって、たぶん1年ぶりくらい?
もう忘れるくらい前の話だったので、素直に嬉しかったです。
ぶっちゃけ限定クラスの方が本気だったのですが、力抜いた方が結果が良かったというのは、なんという皮肉(あるある)



さて。次の日曜日はニューイヤーグランプリ広島大会です。
公式で勝負出来るスピードと安定感はFMXX以上のマシンは無いよなぁ・・・という事で、FMXXで行きます。
フロントローラーを19mmに変更するのと、シャーシをリフレッシュさせればいける感じかな。
Aパーツがかなりくたびれている様子なので、そこでトラブルが起きないように注意する事、それだけ気をつけよう。


さあ、みなさん日曜日は頑張りましょう。

ナイ☆スタGP第7戦

天候不順という事で、直前まで悩みましたが、宇部まで遊びに行ってきました。
今回はTeam☆Route54からスイゲンさん、ケンちゃん、MPP、チームこいのぼりよりくっしーさん、チェスターさんの5人で遠征です。


勝ち負けよりも、ニューイヤー以降の公式大会を見据えて、FMARの熟成に力を入れる。



予選リーグ戦
練習走行でFMXXはまずまずに仕上がったので、FMARでどこまで行けるか試す感じに。
しかしFMARではどうしても勝てない。
せっかくいいスピードを出しても、飛ぶのか飛ばないのかはっきりせず、マシンの挙動も安定しない。
これでは全く勝負にならない。
仕方なくFMXXを使うと、ポンポンと勝って、予選リーグ戦2位通過。
あざます!


決勝トーナメント
リーグ戦2位のシードで準々決勝から。
いきなりケンちゃんと当たる。
基本負けられない戦いなので、レース前にエナジャイザーで10秒だけ追い充電。
電圧を1.42Vから1.44Vに上げて勝負に出る。


レースはスタートからリードする展開。
マシン的には安定していましたが、リスクはかなりある走り。
2周目でオーバースピードからコースアウトしてしまいました。
チッキショー!(小梅太夫風)


後にしてみれば、1.42Vのままで良かったんじゃね?と思いますが、調子の出ない日や自分を信じられない日は、えてしてこんなもんです(^_^;)



決勝はチームこいのぼりのレジェンドことくっしーさんと、Team☆Route54の問題児wケンちゃんの勝負。
スタートから徐々にリードを広げるくっしーさん。
あーちょっとこの差を縮めるのは・・・と思い始めた2周目で、ケンちゃんがスロープ下り→1枚→デジタルコーナーの所で弾かれてコースアウト。


決着!


ナイ☆スタGP初遠征のくっしーさん優勝!
おめでとうございます!



自分的な反省ですが、FMARの方がまだまだですね。
見た目だけじゃない、中身の熟成が不足しているし、FMARを走らせる時の自分のスキルもまだまだです。
上手くマシンの特性を活かせてない。
レースで人と勝負する前に、自分のマシンをもっと知らなければ。



とにかく、今回はいっぱい笑って笑って笑った遠征でした。
自分は山口NightStyleのこういう雰囲気が大好きなんですよ。
だから、片道2時間でも、大雪になろうとも遊びに行っちゃいます。(^_^;)
MAMAさんを始め、山口NightStyleのみんな、また仲間と一緒に遊びに行きますね!


みんな本当にありがとう!


第29回こいのぼりミニ四駆大会

今宵もミニ四駆オジサンが長束のこいのぼり鍼灸整骨院に集まりました。
いつもよりも少し少なめでしたが、今年初のレースを楽しみましたよ。


今夜はFMクラスとオープンクラス(ダブルエントリー)。
当初の予定では、FMクラスにFMAR、オープンクラスにFMXXとFMARを出す予定でした。
が、練習走行中にFMARが逆走車に正面衝突してフロント周りを激しく破損(T_T)


修復も間に合いそうになかったので、FMXXとスペアカーのFMXXで行くことにしました。



メインマシンのFMXXはブレーキをしっかり使ったストップ&ゴー仕様。
モヒカンセクションがあるので、ブレーキバランスが難しかったですが、どうにかある程度スピードを出して完走するレベルまでは合わせる事が出来ました。
スペアカーのFMXXは、ブレーキをセッティングする時間も無かったので、ブレーキ無しで完走出来るスピードまで落として、コースなりに走る作戦。


FMクラス
FMクラスにはメインマシンのFMXXを出すつもりは無かったのですが、今回はトラブルの為仕方ない。


台数が少なく予選はリーグ戦で。
ヤバイ、トーナメントのつもりだったので電池の準備が少な過ぎる。
練習時に使ったネオチャンプを充電しつつ、レースに挑む。


レースが始まると、完走率の低さがかなり目立つ。
コースアウトのゼロポイントが表に並ぶ並ぶ(^_^;
自分は1勝1敗1完走で4ポイント獲得。
情けない結果ですが、グループ1位で決勝トーナメントへ。



決勝トーナメントは準々決勝、準決勝と完走狙いで、少しスピードを抑えて、確実に走り切る作戦で。
相手のコースアウトもあり、どうにか決勝へ。
決勝も作戦変更は無し。
またしても相手コースアウトからの完走で勝たせてもらえました。
ありがとうございます!



自分のマシンのスピード的には5〜6番手くらいだったと思うのですが、荒れ気味のレースでは完走する事が勝敗を分けますね。
勇気を持ってスピードを抑える事が出来たと思います。
いつもならここで「もっとスピードを!」という欲望が出てくるのですが、今日に限っては上手くコントロール出来たかな。




オープンクラス
いきなり第1レースだったので、メインマシンのFMXXは準備が出来てない。
慌てて、スペアカーのFMXXに電池を入れる。
ノーブレーキ+ライトダッシュでしたが、そこまで遅れを取ってない?
まあ、ジリジリと差をつけられ、ダメかな〜と思っていたら、自分のマシンしか走ってなかった(^_^;)
1回戦突破。
あざます!


メインマシンのFMXXは、FMクラスと同じ感じで。
こちらも気がつけば自分のマシンしか走ってなくて、完走で勝ち上がり。
いい滑り出しやで。



オープンクラス2回戦
スペアカーのFMXXは普通にスピード負けしてる上に、テーブルトップ下りで跳ねてコースアウト。
まあ、2回戦に進出出来ただけでもよしとしなきゃね。


メインマシンのFMXXは、スピードでいい勝負をしていましたが、スペアカーと同じく、テーブルトップ下りでコースアウト(^_^;)
全車コースアウトだったのでもう一回やりたかったけど、2回戦は一発勝負なのでこれは仕方ない。


結局オープンクラスは2台とも2回戦敗退で終わりました。



そしてその後のオープンクラスは、こいのぼり院長が3位に入賞する健闘でした。
おめでとうございます!



さて。
来月はコース変更は無しで、このコースレイアウトで行われます。
そして、限定クラスが本格的に始まります。
2月、3月の限定クラスは・・・
TZ&TZ-Xシャーシ限定!
これは・・・(^_^;)


まあ、やるからにはちゃんとマシンを組みたいので、新たに新車を組むつもりでいます。
ただ、普通に組んでも面白く無いので、FMTZ-X何かやったら面白そうだなーとか考えてます。
出来るか出来ないかは別にして、新しいシャーシに挑戦するのは、楽しそうではありますしね。
あ、そういえば、自分が2012年に復帰した時は、MS+アバンテMk.?とTZ+サイクロンマグナムだったのを思い出しましたけど(^_^;)


MPP杯年忘れミニ四駆大会2015

 



この度は年の瀬のお忙しい中、MPP杯年忘れミニ四駆大会2015に遊びに来て頂いて、本当にありがとうございましたm(_ _)m

  

運営側の想定よりも多くのレーサーに来て頂きました。
オープンクラスは61名、111エントリー、
ビギナークラスは8名
第2回キャノン砲選手権は31名
ノーマルモーターゼロヨンクラスは32名




本当にたくさんのエントリーで、久しぶりにホビーゾーン可部店の
2階常設コースが賑わったのではないでしょうか?
運営も嬉しい悲鳴でした(^_^)



今回のレーススケジュールは、レースコンデレから。
皆さんの力作をホビーゾーン可部店名物のロングストレートに
エントリーゼッケンと一緒に並べて、
参加者みんなで投票します。





実戦レースを想定した機能美を追求したマシン、
見た目のインパクト狙いながら、上手くカツさも合わせ持ったマシン、
これどうやって走るの?なマシンまで、様々なマシンが出揃いました。
票はかなりバラけましたが、最多得票だったのははまさんのマシンでした。
ベースはトライゲイルですね。
カッティングだけでそれっぽくなったとは思いますが、
さらに赤の塗装がらしさを上手く引き出して、誰がどう見ても「ザリガニ」に仕上がっております。
おめでとうございます。

 

惜しくも最優秀賞には選ばれませんでしたが、2位の得票だったのはきみちゃんのマシンでした。
見た目のわかりやすさが票を集めたんでしょうね。
かわいいカエルに仕上がっています。



レースコンデレでは、もう一つMPP特別賞があります。
こちらは毎回自分の独断と偏見で選ばせてもらっております。
たくさんのマシンの中で、脳みそにドキュンと来たのはコボスさんのマシンでした。
まず見た目のドラッグレーサー風が素晴らしかったです。
そしてこれはどうやって走るんだ?と。
色んな部分に興味津々。
こんなにそそられるマシンもなかなか無いです。
自分の中でダントツでした、おめでとうございます。

 

レースコンデレ、このコンデレレベルのマシンが実際にレースに出てるというのも、本当に面白いですね。
これからもMPP杯の定番として大事にしたいクラスですね。



レースコンデレに続いては、オープンクラスの1回戦と敗者復活戦。
今回はみんなが走らせやすいように、
少しでもスピードが出しやすいように、
レイアウトの一部を変えさせてもらってました。


オープンクラス1回戦37レース、敗者復活戦25レースを一気に。
全車コースアウトはほとんど無く、運営の意図通りの結果に、自分的にも満足満足。




続いてノーマルモーターゼロヨンクラス。
ノーマルモーター、アルカリ電池をレース直前に支給、
さらに最低重量を設定、マシン作りのみで勝負する、
今のミニ四駆シーンに一石を投じる限定クラス。
途中でセッティングの変更やマシン調整の必要がほとんど無いので、運営も勝負出来る。
えぇ、自分が一番楽しみなクラスです。
どのレースも僅差の勝負や、ラスト数メートルでの逆転劇、
更にはストレートだけなのに、なぜかリタイヤするマシンまで、
楽しくレースして頂けたと思います。

優勝:コバちゃん
準優勝:MPP
3位:きみちゃん








次は第2回キャノン砲選手権。
こちらはロングストレートをめいっぱい加速して、
バンクからテイクオフさせて、どこまで飛べるか?を競うクラス。
着地地点にはダンボール箱を置いて、
危険と思われるK点から何個目のダンボールに入ったか?で順位を決めます。
要するに、数が少なければ、それだけK点に近づいたという事です。
 

優勝:わだ〜んさん 1ダンボール
準優勝:カノンさん 2ダンボール
3位:クボタさん 3ダンボール(同点順位決定戦を征して)










やっとここでビギナークラス。
いつもならビギナークラスははじめの方にやるのですが、
今回はわざと後半に持って来ました。
その理由は、色んなミニ四駆の楽しみ方を見てもらって、
ミニ四駆ってこんな遊び方も出来るんだよ、勝ち負けだけじゃないんだよ、
というのを感じてもらいたかったんです。
参加人数は少なかったですが、
オープンでも通用しそうな走りで、参加者みんなを魅了しました。
MPP杯は初心者やビギナーを、今後も応援していきます!


優勝:ひめかちゃん
準優勝:ゆうごくん(賞状と賞品を預かっております。ご連絡下さい)
3位:カンタくん







そして、オープンクラスの2回戦から続きを。
公式大会も2次予選からぐっとレベルが上がるのですが、
同じような感じでレベルアップ。
速度域が上がって、ハイスピードバトルが増えてきます。
上位進出者は異次元のスピードと絶妙なブレーキバランスで、見る者を圧倒しました。
今回は県外からの参加者も何名かいらっしゃいましたが、
広島のミニ四駆がレベルが高いのを見せつけられたんじゃないかと思います。


優勝:おかっちさん
準優勝:サワダさん
3位:わだ〜んさん











総括ですが、全スケジュールを滞りなく終わる事が出来た事を運営を代表して、御礼申し上げます。
特に、普通のレースではやらないような事をやらせていただきましたが、
それにはマシンの準備等もあるので、その辺も皆さんの協力なしでは出来なかったと思います。
本当にありがとうございます。


反省点ですが、全体的に時間が押し気味で進行した事ですね。
13:00スタートで終わったのが18:00前、約5時間もかかってしまいました。
年の瀬の忙しい時間ということもあり、途中帰られた方もいらっしゃいました。
最後まで楽しんで頂きたかったのですが、
この辺りの時間管理は参加された皆さんに申し訳なく思っております。
スミマセンでした。


レーススケジュールの途中にキャノン砲を入れたので、
コース変更をする時間を取られたりしたのもありますが、
いくら会場が広いとはいえ、呼んでも来ないとか、電池入ってないとか、
ちょっとそういうのが多すぎましたね。
ここを上手く管理出来れば、あと30分以上早く終わらせる事が出来たと思ってます。
こちらのアナウンスも悪かった所なので反省はしていますが、
人数も多く、出来るだけ自分の順番は自分で管理して頂きたかったです。
組み合わせ表を写真を撮ったりするのも有効ですね。




今大会は多くのショップにもご協力頂きました。


【フライヤー掲示協力店】
・ホビーゾーン可部店
・ホビーショップK's
・レプトン可部店
・ヤマダ電機LABI広島店
・古着屋Yellow
・ラジコン天国徳山店
・ホビーゾーンゆめタウン呉店
・ホビーゾーンゆめタウン廿日市店


とても見にくいフライヤーでしたが、掲示にご協力頂きまして、ありがとうございました。



さて、2015年の走り納めも終わり、
このレポートをうpした時には2016年になっていると思います。
個人的2015年の振り返りと2016年の展望なんかをつらつらと。


公式大会的な話から行くと、
春からのスプリング→ジャパンカップ→オータムしまなみで、
5レーンコースの経験を積みつつ、最後に結果を出せたのは良かったところです。
最後のオータムしまなみで、念願の決勝参加券を取る事が出来ました。
来年は決勝参加券を安定的に取れるように、力を付けていきたいと思ってます。


3レーン的な話ですが、こちらはお遊びの要素がこれまで以上に強くなり、
ショップレースのスピードについていけなくなっています。
特にスピードの出せるレイアウトでは、まったく歯が立たなくなってますね。
今後はテクニカルコースになんとか活路を見出したいところです。
参加出来るレースがこいのぼりくらいしか無いので、
今年もこいのぼり年間チャンピオン戦に出られるように、
泥臭くてもまず1勝を目指したいです。


MPP杯についてですが、今年もこれまで同様のペースでの開催になるでしょう。
正直MPP杯としての意味はもうないんじゃないか?と感じる部分もありましたが、
年忘れで感じた、みんなと楽しむ心はやはり忘れられないもので、
今年もボチボチですがやっていきたいです。
今年もこれまで以上に皆さんの協力をお願いすることになると思います。
しかし、今後のミニ四駆の発展と、年齢や職業、
立場を問わずに一緒に楽しめる趣味として、
ひとりでも多くのみんなと楽しめるように、
協力してもらいつつ、これからもやっていきたいですね。


最後に・・・


去年一年間、自分に携わって頂いたみなさん、
本当にありがとうございました。
そして、Twitter等で絡んでいただいたみなさんもありがとうございました。
そして、携わって頂いた皆さんのご家族の方にも感謝です。
Twitterでよくつまらんツイートを流してますが、
それをみて頂いた皆さんにはご迷惑をお掛けしました。
そんな事をしてる私ではありますが、
今年も1年間よろしくお願い致します。


ではいきますよー


「Keep On Running!」


ありがとうございました〜






リザルト


レースコンデレ最優秀賞
はまさん


レースコンデレMPP特別賞
コボスさん


ビギナークラス
優勝ひめかちゃん
2位ゆうごくん
3位カンタくん


ノーマルモーターゼロヨンクラス
優勝コバちゃん
2位MPP
3位きみちゃん


第2回キャノン砲選手権
優勝わだ〜んさん
2位カノンさん
3位クボタさん


オープンクラス
優勝おかっちさん
2位サワダさん
3位わだ〜んさん

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

 
<<back|<12345678>|next>>
pagetop