May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ジャパンカップ2016愛媛大会

今治まで行ってきたヨー


今回はTeam☆Route54はケンちゃんと自分の参加。

現地でチームこいのぼりと合流しての大所体ピットを組みました。


参加マシンはいつも通りでFMXX(公式仕様)


マシンの完成度はいいレベルまで上がっているので、しっかり完走出来るブレーキに仕上げる事が大事。

これまでの参加者の情報や、現地での様子を鑑みて、これだ!と確信(信じるしかない)したブレーキセッティングで挑みます。

スピードをイメージ通りに出せれば、そんなに悪い走りにはならないはず。


1次予選1回目

モーター:ハイパーダッシュ3

ギヤ:4.0:1

電池:富士通プレミアム

ブレーキ:前赤・後赤


スタートダッシュはぼちぼち。

特に遅れる様子もなく。

バンクで多少の減速はあるものの、まずまずのスピードでダブルドラゴンへ。

かなりベタベタで通過。

ジ・アルプスはしっかりブレーキをかけて登り、ゆっくり下山。

よし、動きに問題はない。

そして5コーススタートなので、最初にバーティカルチェンジャーをのっそり通過(亀にならんかった)

これですべてのセクションを通過して、完走出来る見込みがついた。

そして、そのまま後続を引き離して、完走。


よし!


想定通りの走り。

タイムは43'00あたりですが、運で入ったのではなく、マシンはしっかり安定しているので、これは次に繋がる。


1次予選の走りを見る限り、モアスピードだとは思うのですが、炎天下で電池が暖まった事と、モーターが慣れて回転が上がることを考慮して、1次予選と全く同じセッティングで行くことにする。

2次予選のスピードがどこまで上がるかわかりませんが、同じセッティングでも多少のタイムアップは期待出来るはず。


2次予選

スタートからいい飛び出し。

こんなにスタートがいいのも珍しい(^_^;)

トップ3台の中にいい感じに入って2周目突入。

2周目のジ・アルプス着地で、フロントブレーキを引っ掛けた上にローラーが少しフェンスに乗り上げて、一瞬停止状態。

再加速するも、かなり引き離される。

3周目もジ・アルプス着地でフロントブレーキを引っ掛けて減速。

なぬ?!

4周目とファイナルラップはいい感じの走りでしたが、さすがにあのロスは痛すぎる。

タイムは43'50あたりか。

キレイに走りきれば、42秒台中盤から前半は行けたのかな。

まあ、タラレバですけど。

タイム的には、自分の狙い目通りに行けたので、次の岡山ではブレーキの再現性を高める事と、ジ・アルプスの着地を対策する方向でやっていきたいですね。



同じピットの面々は1次予選を突破出来ず、非常に残念な感じでした。

みんなよほど悔しかったのか「大阪行きたい!」との声が(^_^;)

まあ、岡山の前週だから・・・

あまり無理はしないように・・・


自分は今年のジャパンカップは愛媛と岡山だけなので、このたくさん得られたデータとフィーリングで、次の岡山を攻略したいですね。

つまらないミスはいらんで!



追伸
オマケのつもりで、先日のサンフレ こいのぼり用に作ったフェスタジョーヌをコンデレに出してみました。

・・・入選!
ありがとうございます!

次はこいのぼりでおあいしましょう〜

【告知】BMT2016(盆休みミニ四駆大会2016)



BMT2016(盆休みミニ四駆大会)
2016年8月14日
レース開始:13:00〜(開場:11:00予定)
ホビーゾーン可部店 2階常設コース
参加費:500円(複数クラス参加可能)

オープンクラス(ダブルエントリー可)
ステップアップクラス
当日素組ノーマルモーターゼロヨン
第3回キャノン砲選手権
レースコンデレ(全員参加)


基本レギュレーション
タミヤ公認競技会規則
充電器の使用可能
電池はアルカリ、ニッケル水素電池(銘柄問わず)
車検は当日素組ノーマルモーターゼロヨン以外は行いませんので、各自レギュレーションを守ってご参加下さい


各クラス特別ルール
オープンクラス:ホビーゾーン可部店特別ルールとして、プラズマダッシュ、ウルトラダッシュの使用可能。

ステップアップクラス:店舗大会優勝者は出場不可。

当日素組ノーマルモーターゼロヨン:ノーマルモーター、アルカリ電池は支給。キットの持ち込み可能。また、エントリー時に組み立てていないキットを確認させてもらいます。ボディの塗装は事前に可能。最低重量81.4グラム以上(電池抜き)。
このクラスのみ車検をします

第3回キャノン砲選手権:タミヤ公認競技会規則

レースコンデレ:ステップアップクラス、当日素組ノーマルモーターゼロヨンクラス、第3回キャノン砲選手権、オープンクラスに出場するマシンでひとり1台で全員参加。
参加者に投票してもらいます。
最優秀賞、優秀賞、MPP特別賞をご用意

第2回サンフレッチェ×こいのぼり鍼灸整骨院 〜真夏のミニ四駆大会〜



今年もお手伝いに行って来ましたよ。


と言いつつ、ミニ四駆おじさんのパワーを見せつける為、本気のマシンで挑みます。


マシンはFMXX。

ロングローラーベースがテーマのマシンです。


安定感を全面に出して、スピードを上げていく作戦で。

練習走行では、しっかり追った電池でも完走出来るレベルまで持っていく。

ブレーキはフロントのみで、スロープやドラゴンバックからの再加速を意識して、4.0:1+ライトダッシュで。

モーターがいまいち回ってませんが、このモーターでセッティングを詰めたので、このまま行きます。


オープンクラス

1回戦

2回戦以降を見据えて、飛ばしていく。

1周目からグングンスピードに乗って、かなりのリードを保ってゴール。

よし、いい感じ。



1回戦は完走率がかなり悪かった事もあり、合計3回行われました。

2回戦まで、かなり間が開くことに・・・



オープンクラス

2回戦

マシンはいい感じなので、セッティングは変えるつもりはない。

コースマーシャルをしながら、レースの進行具合を見つつ、電池の充電のタイミングをはかる。


なかなかのタイミングで電池が仕上がる。

よし、行けっ!

スタートから凄まじい加速。

長めのストレートから左コーナー、そして真っ先に最初のテーブルトップへ。

テーブルトップの中途半端な位置に着地した結果、弾かれてコースアウト・・・(^_^;)


オツケンでしたっ!



今回の敗因は、コースコンディションを読みきれていなかった事に尽きます。

野外設置コース、天候は晴天、気温も高く、コースのコンディションはかなり過酷でした。

1次予選を通ったあと、次のレースまで間が開いてしまって、コンディションが変わってしまった。

そこに安全マージンの取りようが甘かったという事でしょうね。

まだまだ甘いわっ!とミニ四駆の神様に言われたようです。



今回の大会は、去年同様サンフレッチェコンデレが開催されるという事で、自分もコンデレマシンを準備しました。

と言っても、新規に作る時間はなかったので、去年のフェスタジョーヌに手を入れて、それっぽく仕上げました。

初の試みとして、スタイリングメッシュを使ってみましたが、いまいち効果的な感じにはなっていませんね(^_^;)

こちらもまだまだ精進が必要です。






大会全体としては、ジュニアの選手や、その親御さんなどの初心者の方が多く、とてもいい雰囲気の大会だったと思います。

マシンに「頑張れ!頑張れ!」と声をかけるジュニアの子供たちの大きな声が、本当に気持ちよかったです。


今回も企画、運営に中った院長とサンフレッチェの方、そして参加されたレーサー、見て声援を送ってくれたギャラリー全ての人、みんなにありがとうございました!


また来年?と言われていましたが、その時はまたお手伝いさせてもらえればと思いました。



【追伸】

レースの片付けのあと、長束の某氏に頂いた観戦チケットで、初めてのサッカー観戦もさせてもらいました。

みんなで応援するのって楽しいですね。

こちらも、またご一緒させてください。




第35回こいのぼりミニ四駆大会

さて。

今宵もミニ四駆おじさん(一部女性)の宴の始まりです。

S1限定クラスとオープン。


S1は、先月のオープンで2位になったマシンをベースに、リアプレートのカーボン化、リアマスダンパーを東北ダンパーに変更しました。

オープン出場予定は、FMXXとFMAR。

FMXXはロングローラーベースがコンセプト。

FMARは・・・いつもの感じw




S1限定:1回戦

まずまずのスピード。

しかし、アイガー下りでバランスを崩し、レーンチェンジの橋桁に激突。

oh…



S1限定:敗者復活戦

いい感じに競っていたのですが、ドラゴンバック着地でバランスを崩し、コースアウト。

はいっ、オープンに向けて、左右のバランスを調整だ!(気持ちを切り替える)


オープンクラスはFMARを止めてS1で出ることにしました。

S1限定でせっかく作ったのに、いっぱい走らせてあげないともったいない。


FMXX:オープン1回戦

こいのぼりアイガー上りでコースアウト。

えっ?速度超過してた?


S1:オープン1回戦

先月のオープンのリベンジや!

バランスをかなり注意して調整した結果、かなりの改善。

相手コースアウトとはいえ、いい走りでした。

これを続けたい。




今回も1台以上勝ち上がりの選手は、敗者復活戦が無いので、これからはS1で戦う。

(先月と同じ流れ)


S1:オープン2回戦

1回戦と同じくらいの電圧で。

速度的にもいい感じだったのですが、2周目の2連続レーンチェンジジャンプの2個目でキレイな前転w

えっ?

ブレーキが引っかかったのかなぁ・・・

はいっ、次はチーム戦だ!(気持ちを切り替える)




チーム戦

せっかくなので、S1で。

リスク75%の走りを目指す。(ハマることを祈る)

やっぱり速度超過でレーンチェンジジャンプで弾かれる。

うん、そうなるよね。



【反省】

S1のリアは、ナットの締め付け具合で調整するのではなく、再現性の高い構造にしなければならなかった。

調整するたびに、ブレーキやプレートの高さが変わってしまっては、再現性の高い走りは出来ない。

良かったり悪かったりでは勝ち上がれません。


FMXXはリアプレートの端がコースに接触しているという、初歩的なミスをしていた。

これは本当に恥ずかしい。

何年ミニ四駆やってるのよ?という感じでしたね。

レース時には、ニッパーで切って事なきを得たのですが、もっと早く気がつくべきでした。

セッティングの時間が無駄になりました。


FMARはブレーキに頼る走りのマシンなので、今回は出番が無かったです。



来月の限定は、プラボディ限定です。

ボディキャッチを使う事が条件なので、提灯などを含めて、マシンも選ばないといけませんね。

今年に入って、限定に合わせているとしても、ハイペースでマシン作りしてきたので、(FMTZ-X、MS、S1)次回は新しいシャーシに挑戦するのではなく、既存のマシンを限定に合わせようかな〜と思っています。



今月も皆様お疲れ様でした。

院長、いつも運営ありがとうございます。(S1限定優勝おめでとうございます)

片付けもみんなでやれば、あっという間ですよね。

ぱっはっと片付いて、とても気持ちいいです。


では、また来月っ!

・・・の前に、サンフレッチェ&こいのぼりコラボのミニ四駆大会があります。

こちらはお手伝いをメインに参加させて頂く予定です。

皆さん、ふるってご参加ください!


オツケンでしたっ!

第34回こいのぼりミニ四駆大会

月に一度のお楽しみ、こいのぼりミニ四駆大会です。

コースはゴールデンウイークの大会と同じくループ付き。

どちらのクラスも、フロントタイヤの接地を意識したセッティングで。



S1限定クラス

他のレースを見る感じだと、完走率が非常に悪い。

完走しなければ話が始まらないので、とにかく走りきる事を考えたセッティングで。

モーターは正転用のモーターを準備し忘れていてたので、FM用のトルクチューン2で。

スピードはそこそこ出ていい感じなのですが、ジャンプの左右の姿勢が悪く、こいのぼりマウンテン着地でコースアウト。

さらに敗者復活戦は補強したリア周りのナットの締め付けすぎで、ギヤがギーギー(^_^;)

慌てるな、俺w

とりあえず、オープンに向けて、マシンの再調整や!



オープンクラス

レース前の練習走行で、FMXXのフロント周りを破損していたので、オープンはFMARとS1で出ます。

オープンまでの間にS1のリアは改修済。

少しはまともに走れるか?


FMAR

まずまずの速度域だったのですが、ウォッシュで弾かれてコースアウト。

コースアウト後マシンを回収したら、フロントアンダープレートが折れてる!

今日はマシンが破損する日か?!



S1

1回戦

先ほどの改修でバランスが良くなった。

追った電池でも、左右のバランスを崩すことなく、しっかりと完走勝利。


敗者復活戦は、2回戦に1台も進んでいない人が対象になった為、自分はこの後S1で勝負する事に。

待ち時間の間、FMARのフロントにFMXXのパーツをくっつけて、無理矢理走れるようにしたのに(^_^;)

まあ、1台でも勝ち上がれたんだから、いいよね。


S1

2回戦

1回戦でのドラゴンバック着地地点から考えて、もう少し電圧が上げられそう。

という事で、1.49Vまで上げて挑む。

計算通りナイスな着地地点。

ウォッシュがギリギリっぽかったですが、今回もどうにか完走して勝利。

完走大事。


S1

準決勝

電圧は先程と同じで。

1回戦から2回戦にかけて、電圧を上げてもマシンのバランスが崩れてないのは収穫。

ドラゴンバック着地、こいのぼりマウンテンの着地をしっかり決めて、安定走行。

またしても完走して決勝戦へ。


S1

決勝戦

前田会会長、ちゃんぷぅさんと。

相手に不足はないで!(本音は胸を借りますw)

普通にやってもスピード負けするので、電池をしっかり仕上げる。

そして、決勝戦直前に熱々電池が出来上がり。

そのままマシンにセット。

これでスピード負けするようなら、マシンを作った俺が悪いんや。


スタートから横一線。

最初のドラゴンバックでちゃんぷぅさんがオーバースピードでコースアウト。

ここから前田会会長との一騎打ち。

スピードはほぼ互角。

ウォッシュを姿勢で入れる自分のマシンと、減速させて入れる会長、ここで差がつく印象の走り。

1周目ループの会長がいったん下がる。

2周目に自分がループになるので、ファイナルラップで勝負になってれば、

いいスピードだったということなので、このまま飛ばしていけー!

しかし、2周目こいのぼりマウンテン着地でフェンス乗り上げからのコースアウト。

くぅー残念。

会長おめでとうございます。






初めてのS1、初めてのフロント提灯、初めてのレースという事で、

どこまで走るか想像出来ませんでしたが、ぼちぼちどころか素晴らしい走りを見せてくれました。

何より一番良かったのは、フロント提灯のおかげか、ドラゴンバックでの飛行姿勢です。

これまで自分が使っているFMマシンと同じように前を落とした姿勢で、走りをイメージしやすかったです。

今回は正回転用のモーターを準備してなかったのですが、それでもいいスピードで走ってくれました。

来月までには、正回転用のモーターを準備しておこうと思います。


放課後は恒例のチーム対抗戦。
こちらの写真は、嬉しそうに写真を撮るオジサンたちw


チーム前田会、チームメタボリック、チームPAPAで。

スーパーひとしくん(まさゆきくんかもw)でしっかりポイントをゲットして、最終戦の大将同士で勝負が決まる。

決勝戦と同じく会長、ちゃんぷぅ、私で。

オープン決勝と同じく横一線。

また同じようにちゃんぷぅさんがコースアウト。

またしても会長と一騎打ち。

今度は先に自分がループを通過して後ろに下がる。

ファイナルラップで会長がループの周なので、どこまで追っていけるか?

そして、ファイナルラップ。

ループまでほとんど差が詰まってないように思える。

しかし、会長がループを回ってる横を、自分のマシンが一気に通過。

先にゴールラインを通過させてもらいました。

やったっ!

チーム戦はリベンジ出来ました。




オープンでの結果も嬉しいですが、何よりチーム戦での勝利は格別に嬉しかったです。

この一体感がめっちゃ楽しいんや!



またみんなで楽しくミニ四駆で遊びましょう!

Keep On Running!

ありがとうございました〜
 

ホビーゾーン可部店ステップアップナイトRd.3

月に一度のイベント、ステップアップナイトレースをホビーゾーン可部店で行いました。



参加人数はトータルで6名と少なかったので、ステップアップクラスはオープン的に、エキシビションは電池自前の素組ARにて行いました。

ステップアップクラスは、予選リーグを2回やって、1位同士でガチバトルしました。



1回目のリーグ戦はイタチさんが1位、
2回目のリーグ戦は私MPP、
敗者復活枠はキャタピラさん、
この3名で決勝戦をしました。



優勝はイタチさんでした!
おめでとうございます。
安定感のある走りでしたね。


エキシビションクラスは、2つのグループに別れてのリーグ予選からの決勝戦。
スピードの出しすぎ(ノーマルなのにw)でコースアウトするマシンもあり、なかなかのレベルでした。



優勝はキャタピラさんでした!
抜群の安定感ある走りでしたね〜
改めて思うのは、やっぱり完走が1番大切という事ですよ。(^_^;)


今回は参加者が少なかったですが、今後もステップアップナイトは続けていきます。
月初の月曜日といえば!みたいになれるように、頑張りたいですね。

来月もよろしくお願いします!


ナイ☆スタGP 1st SEASON 年間チャンピオン戦

いつもお世話になっている山口NightStyle主催のナイ☆スタGP、1st SEASONを締めくくる年間チャンピオン戦が行われたので、遊びに行ってきました。



ポイントランキングの上位が決勝トーナメントのシード出場、残り4枠を当日の予選リーグで決める。

自分は惜しくもシードが取れなかったので、まず予選リーグ戦からのチャレンジ。


自分のグループは、かなりの濃いメンバー。

こいのぼり院長、前田会会長、イザベラさん、石川さん、そして私。

このリーグ1位だけが決勝トーナメントに進出出来ます。

うん、プロテインだね!(無理)


リーグ戦の戦い方としては、全勝狙いよりも、捨てるレースは捨てて、勝ちを狙うレースは、リスクを侵してでもスピードを上げる感じで。

過去のナイ☆スタGP参戦時の経験が活きる。


予選リーグ第1戦

VS前田会会長

普通にやっても勝てないので、出来る事は、確実に完走させること。

完走での1ポイントを確実に取る作戦。

キッチリ完走させて、1ポイントゲット。


予選リーグ第2戦

VSイザベラさん

ほぼ互角の勝負でしたが、イザベラさんコースアウトでの完走勝ち。

どうにか3ポイントゲット。


予選リーグ第3戦

VSこいのぼり院長

残り全部勝つつもりで行かないと勝ち上がれない感じなので、めいっぱいスピードを上げる。

が、院長のマシンに置いてけぼりやで・・・

さらに、テーブルトップ着地でコースアウト。

残念。

この時点で、勝ち上がりはなくなりました・・・


予選リーグ第4戦

VS石川さん

自分のマシンの調子としては悪くない。

しっかり自分の走りをして締めくくりたいと思いましたが、ブレーキのバランスが悪くなっていて、2周目のテーブルトップの着地でバウンド。

そのままコースアウトしてしまいました。

残念。



総括ですが、今取り組んでいるローラーベースを伸ばしたFMXXは、方向性としてはいいと思います。

走りも意図した走りになりつつあります。

コーナーでの遅さはありますが、立体セクションでの安定感はありがたいです。

ただ、正直どんなコースにも合わせられるタイプのマシンではないような感じで、レイアウトによっては武器になる安定感も、安定側に振りすぎの感もあります。

このままこのFMXXは安定志向をレベルアップする方向で熟成をはかっていこうと思います。


サブで持っていったFMARですが、走行機会は少なかったですが、駆動系の素性の良さからしっかりスピードが出せたし、コーナー&立体セクションでのバランスも良かったです。

まだまだ熟成は必要ですが、このままの方向性で煮詰めていきたいですね。



今回はナイ☆スタGPの年間チャンピオン戦ということで、東西の強豪が揃い、多くのレーサーで賑わいました。

運営のテキパキした動きで、遅延することなく、スムーズにタイムスケジュールをこなされていたのは、さすがという他ないです。

MAMAさんを筆頭に、山口NightStyleのメンバー皆さん、本当にありがとうございました。

とても楽しい時間を過ごさせてもらいましたよ。


近いところから見ていて、年間チャンピオン戦のシード権を持っていたみんな(ナイ☆スタメンバーが主ですが)が、本戦の前にほとんど走らせられず、本来の力を発揮できていなかったのは、残念でなりません。

たぶんナイ☆スタのメンバーたちはそんなのは関係ないですって言うと思いますが、ちゃんとイコールコンディションで戦って欲しかったなーと思いました。


また時間を作って行かせてもらいますので、ナイ☆スタのみんな、遊んでやってくださいね。

第33回こいのぼりミニ四駆大会

今夜も紳士淑女(少数)の宴やでw



月一のお楽しみ、こいのぼり鍼灸整骨院のナイトレースに遊びに行ってきました。


限定レースのMSは、ループが回れるマシンが出来なかったので、残念ながら不参加で。

その代わりと言ってはアレですが、オープンクラスはしっかりテーマを持って挑む。

勝ち負けよりも、新型FMXXのシェイクダウンの色合いが強い。

ニューマシンのコンセプトは、ローラーベースを伸ばすことによる、マシンの安定性向上。

公式用のFMXXと比べて、どこまで走りが変わるのか?

その辺の検証が課題です。


オープンクラスダブルエントリー。

新型FMXXとFMARを出します。





FMAR・・・2回戦敗退

敗者復活戦から2回戦に進出しましたが、あえなく敗退。

いいスピードが出ていたし、マシンの完成度もまずまずでしたが、こいのぼりマウンテン着地で幻のレーンへ(^_^;)

スピードを上げ過ぎたマシンが、あそこで飛ぶんだよな〜

マウンテンへのアプローチが悪かったんだろうな。


新型FMXX・・・準決勝進出。

マシンの安定性は十分にあり、ライトダッシュ+4.0:1にネオチャンプ1.47Vでも、まだ上げられそう。

チンチン電池使用でも、まだ余裕があったのかなぁ?(要するに、セッティングが出てなかったw)

そして、準決勝という肝心な所で電池をきっちり仕上げられなかったあたりに、私のモブさが伺えますね(^_^;)

そして、準決勝では惜しくも速度負けでした。





今回の大会は、結果云々よりも、新型FMXXのシェイクダウンという色合いが強い大会。

まず一番試したかったのは、ローラーベースを伸ばすことにより、走りにどんな影響があるのか?

もともとFMXXを始めた頃のFMXX(約3年前)は、長いローラーベースが特徴のマシンだったのですが、いくつかのリニューアルの中で、テンプレ的に縮める方向にシフトしていました。

それはそれで成功だった訳ですが、次の3レーン用マシンを作成するに当たり、違うコンセプトで作ることを考えて、何を試したらいいのか?と悩みました。

そして、たどり着いたのは、最初のFMXXのレストアだったのですが、それはそれで進歩ないなぁ、と(^_^;)

ただレストアするのではなくて、前向きにレストアする事を考えると、今のマシンをベースに、ロングローラーベースのコンセプトでの再現でした。


で、ようやく、作成に取り掛かる訳ですが、実験的要素が多い為、とりあえず転がってるFMXXのシャーシを使って形にする、イメージに近い走りが出来れば、更にブラッシュアップしていくという方向性で。


そして、今回のシェイクダウンを迎えたのですが、まずロングローラーベースの恩恵はあったか?

ありました。

はっきりわかるレベルでの安定感でした。コーナーで壁に吸い付くような挙動。

FMマシンらしい頭を壁に押し付けるような感じと思ってもらえれば。

連続コーナーでスピードが落ちているのはわかりますが、コーナーひとつひとつではスムーズなコーナリングです。

次にジャンプの姿勢。 

こちらも予想通りの挙動で、アプローチで車体が真っ直ぐになりやすいのか、左右のバランスがとても良かったです。

こいのぼりマウンテンの着地での乱れがほとんどなかった事は成果でしょう。

前後の姿勢はこれまでのFMXXと同じ感じで、いいバランスでした。


これまでのFMXXではコーナーでそこまで遅れを取るような感じではなかったのですが、今回のコンセプトのマシンは、はっきりコーナー苦手(スムーズだが遅い)という弱点が見えてきました。

ただし、それ以外での安定度もかなり上がっていて、これまで思っていたよりも速い速度が必要になり、今度はそちらに課題が移りそうです。


今回のロングローラーベース化は、メリット、デメリットの両方の面が見えてきました。

しかし、それを弱点とせず、強みに変えていけるような、セッティングや調整にしなければと思っています。

公式大会については、従来の公式大会用FMXXを使い、3レーンでは今回の新型FMXX(ロングローラーベースバージョン)を詰めていきつつ、世代交代させるというよりも、レイアウトや状況に合わせて走らせるマシンをチェンジ出来るような体制に持っていきたいですね。



本日は長文にお付き合い頂いて、ありがとうございました。


来月もジェントルマンの精神で、こいのぼりミニ四駆大会で楽しみましょう!





追伸

来月からの限定はS1シャーシ限定になります。

ハイ、全くのノーイメージですw

ミニ四駆グランプリ2016SPRING愛媛大会

(いきなりの飯テロw



久し振りに、Team☆Route54全員揃ったヨー(^_^;)



愛媛県の今治市、テクスポート今治にて行われた「ミニ四駆グランプリ2016SPRING愛媛大会」に参加して来ました。




参加マシンは前回参加の岡山大会と同じくFMXX。
一度走っているので、ある程度データは揃っている。
データを活かす方向でマシンを詰めていく。


セッティングデータ
FMXX
ハイパーダッシュ3+パワーチャンプGT
4.0:1


【1次予選】
自分にしては比較的いいスタートだったと思うのですが、思ったよりもスピードのノリがイマイチ?
なんかダルい走り。
マシンの挙動は問題なかったので(遅いからかも)、完走は普通に出来そう。
相手のコースアウトもあり、34秒台、一着でゴール。
う〜ん、なんか納得いかないなぁ。



2次予選の前に、マシンチェック。
あのスピードが出てなかった原因を探ります。
ギヤ?シャフト?ホイール?
なかなか原因は見つかりません。
とりあえずモーター外してみるか、と外そうとしましたが、なぜか外れません(!)
アレ?なんで?
どうやらモーターピニオンが抜けかけていました(^_^;)
はい、素人みたいなミスですね・・・
手で引っ張った所、スポンッて抜けました。
押したら入りました。
スポスポやん!w



原因がわかったので、すぐに対策。
今度は抜けないぞ!
で、対策はいいのですが、先ほどの走りのデータの扱いが微妙な感じに。
ピニオンを直した事でスピードは元に戻ると思うのですが、元に戻ったマシンがどのくらいのタイムが出せるか?
ここは想像するしかありません。
岡山でのデータを信じて、32〜33秒で行けるはず。
それなら、セッティングはそのまま、マシンを信じるだけ。



【2次予選】
こちらもナイススタート。
先程とは違うスピードが出てる。
うん、これが本来の姿(^_^;)
マシンの挙動も問題なし。
一番気にしているドラゴンバック着地も一定の所に降りていて、申し分ない走りでした。
後続をグイグイ引き離して、余裕を持ってゴール。


よしっ!


自然と出るガッツポーズ。
タイムは32秒中盤から33秒前半くらい。
よしよし、岡山でのタイムに近づいてきた。
本来のマシンの状態に戻った感じ。
あとは再現性をどこまでキープ出来るかが、勝負。




【準々決勝】
ここまで来ると、さすがに完走狙いのマシンなんていません。
どのマシンが勝ち進んでもおかしくない速度域。
しかも、なかなかコースアウトもしないし(^_^;)
マシンはベストの状態だと思うので、各部メンテナンスだけして、どこまで食らいつけるか?


1周目、トップのマシンに食らいつき、2位で戻ってくる。
2周目、登りアイガーまでは2位でしたが、戻ってきた時にはトップに!
3周目、2位との差はストレート1枚分くらい。このままのペースをキープや!
4周目、差は更に広がって来た。気持ち的には抑えて抑えてだけど、マシンはどこ吹く風(^_^;)、ガンガン攻めて行く。
ファイナルラップ、その差をキープしつつ、ゴール!


よっしゃー!
タスキじゃー!(初)



タイムは32秒前半とのこと。
これはマシンの力的にも、ベストな走りでしたね。
これ以上のタイムアップはリスクがある感じ。


ここで自分でマシンを回収しないといけないのですが、戻ってきたマシンを取るのにあたふた(^_^;)
手が震えているのが、自分でもわかるw
マシンをキャッチ後、マーシャルに先導されて、準決勝進出者の控え列に。
ここではマシンのセッティング変更や電池交換が出来ません。
先程走ったままの状態で、準決勝を走らせるので、そのまま待機。


時間がめっちゃスローモーション。
手汗、べっとりw



【準決勝】
ここでは、決勝の人数を合わせる為、3名、2名、2名、2名、2名に分かれての準決勝。
自分は2番目に出走で、タイマン勝負。
ここまでフルの電池でセッティングしているので、パワーソースがどこまで持ちこたえられるか?が勝負のカギ。


スタートからほぼ並んで周回。
このままのスピードをキープしてくれーと祈りながら見ていましたが、3周目あたりから、明らかに自分のマシンのキレが無くなってくる。
アカン、電池がタレて来た・・・
こうなると、もう成すすべなし。
そのまま遅れて完走。
タイムは34秒台とのこと。
くぅー残念!



これで私の春は終わりました。
ニューイヤーは広島、スプリングは岡山と愛媛と参加して来ましたが、マシンの完成度が限りなく100に近づいている感じがします。
まだ煮詰めるところもありますが、骨幹の部分は出来たかなぁと思います。
何よりスピードを出す事がこれまでの課題だったのですが、そこをクリア出来ているのは、大いなる進歩です。
スピードが出せないと、抑える事も出来ませんからね。
あとは、マシンの各部の精度アップを中心に、小さいことからコツコツと、でやっていこうと思います。


そして、3レーンで走らせながら、5レーンの次世代マシンを育てていかないと、ですね。



今回は現地にてチームこいのぼりと合流。
一緒にピットを組みました。
院長とハマケンさんが2次予選進出、と活躍されました。
おめでとうございます!



さて、次は来週のこいのぼりの月例です。
正直、今は燃え尽き気味ですが、夏に向けて、少しずつモチベーション上げながら、FMARとMSを詰めていきたいと思います。


Team☆Route54、スイゲンさん、ケンちゃん、ありがとう!
チームこいのぼり、院長、レジェンド、はまさん、ハマケンさん、ありがとう!
タミヤスタッフの皆さん、ありがとう!
今大会に参加したみんな、ありがとう!


Keep On Running!











ホビーゾーン可部店ステップアップナイト Rd.2

ホビーゾーン可部店で行われた「ステップアップナイト Rd.2」の結果です。
たくさんのレーサーにお越し頂きまして、本当にありがとうございました。

予想外の人数だったので、予選は3グル
ープに分かれてもリーグ戦、上位を決勝トーナメント進出で競いました。
とても店舗レースでの経験が少ないとは思えないハイレベルな戦いが繰り広げられました。
その中で、ジュニアのかんたくんの躍進は、他のレーサーにも大いに刺激になったと思います。

それでは、結果はこちらです。

予選リーグ戦
Aグループ


予選リーグ戦
Bグループ


予選リーグ戦
Cグループ



決勝トーナメント


優勝はファリムさんでした。




準優勝は○田さんでした、おめでとうございます!


3位は大健闘、かんたくんでした!



エキシビションクラスの素組ARの方は・・・

優勝、○野さんでした、おめでとうございます!






大勢の皆さんに参加頂き、本当にありがとうございました。
想定を超える参加者で、正直運営的にも上手く回せなかったとか思いますが、皆さんに協力頂いて、どうにか終わらせることが出来ました。
閉店時間を大幅にオーバーしてしまいましたが、そのまま最後までさせていただいたホビーゾーン可部店さんにも感謝です。

みなさん、本当にありがとうございました。
<<back|<1234567>|next>>
pagetop