June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第68回こいのぼりミニ四駆大会

今月は先月の宣言通り、リソースをオープンに割くことに。

いつもはギリギリまで限定マシンを必死に作って、オープンのマシンは、とりあえず走ればいいや的な感じでいましたが、今回は早々に正転ARクラスを諦め、スーパーマニアッククラスは基本素組に近い状態のマシンだけ準備。



その分、オープンにはテストを兼ねて公式車のFMXXとFMVS。





それぞれのテーマを持って参加しました。



スーパーマニアッククラスは当初Be-1(タイプ3)で出る予定でしたが、どう考えても周回遅れになりそうなので(^_^;)、タイプ2にBe-1のボディで。これならタイプ3よりは速度が出せる。

ただ、ローラーとか、制振機構の関係で、速度は思ったよりも出せなかったです。特にウエーブでマシンが振られてコースアウトするパターンが多く、アトミックチューン→トルクチューン→レブチューンとパワーソースをどんどん下げて、ノーマルモーターでようやく完走出来る速度になりました。

完走率だけは高いので、対戦相手がコースアウトしよう物なら、下剋上もあるかと(^_^;)




レースはある程度予想通りの展開。

確実に完走して、決勝へ。

院長、はまーDさん、わいの3人で。

シャーシはみんなタイプ2ですが、二人は井桁を組んでリアユニットを作る本格的な改造。

対してわいのタイプ2は、基本ノーマルで、ローラーだけ低摩擦プラローラーに変更。

普通にやって勝てるとは思ってない。

とりあえず完走して、3位入賞出来れば上出来だな、というくらいのつもりで。


レースは、2周目にはまーDさんがコースアウト、さらにファイナルラップで院長がコースアウト、そしてトコトコ走ったわいのマシンが完走して優勝(^_^;)


ありがとー


完走大事ですね。







オープンはFMXXとFMVS。



バンクスロープはリアブレーキを下げて対処する。

ウエーブよりも手前に着地出来れば、完走率は上げられる、が、それだと速度的に厳しい感じかと。

ウエーブにどこまで近い所に着地(捩じ込む)出来るかがカギ。


セッティング的にはFMXXの方が仕上がっていて、速度域も上。

ライトダッシュでも勝負出来る感じか。

FMVSはもともと回らないハイパーダッシュ3で合わせようとしましたが、上手く合わせる事が出来ず、最終的にはライトダッシュに。

こちらは速度が足らない感じですが、本番はこれで行くしかない。


久し振りに2台とも2回戦進出。

FMVSはそこで終わり。

FMXXはもう一つ勝って、準々決勝まで駒を進める事が来ました。

結果はアレにして、今回はレースプランや経過はとてもよかったです。

練習で基準電圧を決めて、それに沿ったレースプランを実行出来たと思います。

まあ、相手の方が上手だったので速度負けしましたが、自分の走りは完遂出来ました。

自分が思うミニ四駆遊びとは、人と勝負する前に、自分と勝負する事だと思っているので、満足行く経過だったと思います。

で、結果はもう少しやれたかなーとは感じてます。

2回戦以降も、安全マージンを1回戦と同じように取ったのは失敗でしたね。

もう少し安全マージンを削って勝負しないと行けなかったです。

まあそれは来月以降の課題と宿題という事で。



一緒に遊んで頂いた皆さん、お疲れ様でした。

また来月(令和)で遊びましょう!






スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop