December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ゴルフ昨年の反省と今年の目標

やっぱり、これは書いておこうと。
記録的な意味もこめて。
カッコは昨年の数値

平均スコア 93.0 (95.3)

平均パット 35.0 (35.6)

パーセーブ率 28.8% (25.0%)

ボギーセーブ率 67.3% (66.5%)

パーオン率 23.7% (21.8%)

ボギーオン率 67.9% (66.0%)

フェアウェイキープ率 50.6% (52.6%)

平均OB数 1.6 (2.0)

平均スコアは2.3も良くなっています。
パットも少し向上。
何より、パーセーブ率が劇的に向上しました。
この原因はなんだろうと振り返ってみると・・・
無理に攻めることが少なくなり、
自分のペースを守り通せるようになったからではないかと考えます。
これは直接的な原因ではないと思いますが、
人がドライバーだから、とか、アプローチでパターを使うなんて・・・
そんなことは、自分の力量と照らし合わせてみて、
安全な方法をとることを躊躇しなくなった、
その辺が大きいのではないかと思います。
パーオン率もほとんど変わらず、パットも0.6しか良くなっていないこのデータで、
2.3もスコアが良くなるのは自分のゴルフスタイルを上手くできる回数が増えてきたからでは。
もちろん、まだラウンドごとに頭を抱えるとこの方が断然多いですが、
抱えた後も自分のゴルフを貫ける、そんなメンタルが大きい、と、過ぎてみれば思います。
その時はそんなことは思えませんが・・・

ただ良くないのは夏場あたりから調子を崩して、平均を悪くしてしまったこと。
8月が終わった時点で平均スコアは92.1でした。
その後の4ヶ月は95.4まで悪くなってしまいました。
その4ヶ月のデータを見ると、全ての項目で夏前よりも悪くなってしまっています。
唯一パットだけはほぼ変わらずの35.1でしたが。
ということはショット力の低下、とくにOBの増加、
もっと見れば、フェアウェイキープ率も下がっていることから、
ティーショットのブレが大きくなり、OBや、やさしくないライからのショットが増え、
結果、ボギーオンすら出来ない、という状況に陥っているようです。

パットがあまり変わらないということは、グリーン周りはそんなに違いはないと判断して、
グリーンに近づくまでのショットに問題あり、という感じです。
なんとなく理由は分かるんですよね。
基本練習不足なのに、最近はめっきり練習をサボり、
それでもラウンド前には行っていた練習すら、春あたりから行かなくなってしまいました。
これで良いスコアを出そうなんて、虫が良すぎます。

今年は練習一回あたりの球数は少なくして、
回数を多めに行って、感覚を忘れないような方法に変えていこうと思います。
そして、今までのデータを踏まえて、今年の目標を書いてみます。

平均スコア 91

平均パット 34

ベストスコア81を更新する

このあたりに定めていこうと思います。
今年の年末に、どんな結果が出るか、すごく楽しみです。

ゴルフ練習メモ

インパクトの瞬間を見るイメージ

アプローチはフェースの下から上にボールが転がるイメージ

体重移動は少なく、その場でくるっと回って打つイメージ

今日の一言
「練習の調子が良いときは、本番は気を付けろ」

雨ゴルフ

雨のゴルフが得意ではありません。
グリップが濡れるとか、雨具を着て動きづらいとか、様々な理由がありますが、
一番の原因は、メンタル的に「雨だと自分のゴルフが出来ない」
という思い込んでいた自分の弱いココロだったのかもしれません。

先日雨のなか、フォレストヒルズゴルフ&リゾートに行ってきました。
フロントナインの前半数ホールと、バックナインの上がり3ホール以外は
基本どしゃ降りという、悪コンディション。
天候が悪いのは天気予報で知ってはいたのですが、
ここまで降るとは…位のどしゃ降り。
自分のメンタルが試されます。

フロントナインはカッパを着ずに、
撥水のウインドブレーカーのみ着てラウンド。
カッパを着ることで意識過剰にならないように、という気持ちで。
しかし、パンツが濡れてまともなラウンドにならない。
気温も下がってきて、体温もどんどん奪われる。
上半身は傘で濡れずに済みますが、下半身はびしょ濡れ。
集中力は無くなり、スコアも下降線。
大叩きは無いものの、徐々にスコアを落として、結局49で上がりました。

ここまでの反省は、カッパを着て動き辛いことを避けるよりも、
濡れずに体力を温存する方が良いのかも、という事。
とにかく身体が冷えて、思うように動かなかったです。
これを踏まえて、バックナインは、上下カッパ装着でラウンド。

いきなり30ヤードのアプローチがチップインバーディーで始まったのはラッキーでしたが、
濡れない、ということはこんなに気持ちに余裕を持たせるのか、
それともただの自己暗示みたいなものなのか、
いつもの集中力をしっかり意識して、粘りのラウンド。

バックナインは雨を意識せず、というよりも、集中力のおかげか、雨が気にならない。
ボールはいつもの飛距離よりも10%近く落ちていますが、つまらないミスは激減。
バンカーから一度で出なかったことはありましたが、上がってみれば「42」でした。
天気が良くてもなかなか上がれないようなスコアで上がれたのは、正直自信になりました。

冷静に考えて、何でこんなにスコアがよかったんだろう?と思うのですが、
良いスコアも自分の力、悪いスコアも自分の力、
自分を受け入れて、自分の力を信じつつ、自分の力を過信しない、
そんなバランスの取れたラウンドだったのかなぁ、と。
結果今回はスコアがよかった。
まあ、素直に喜びたいですね。

次のラウンドはゴールデンウイークあたりになると思うのですが、
まず最低ラインの目標、100は超えない。
そして、オールボギーで90。
このあたりに照準を合わせて練習したいと思います。

ぶっつけ本番

明日、久し振りにゴルフに行ってきます。
練習してないから、酷いことになるだろうな。
朝早く行って、練習します。
今年こそは、100を越えないように!

遊びに行くのは全然不謹慎じゃないですよ。
まず普通の消費をしないと経済も停滞しますからね。
普通の生活をした上で、出来ることをする。
自分にはボランティアに行く時間もないので、
募金位しかないですけど。

ゴルフの記録

フォレストヒルズゴルフ&リゾート
47 44 91

広島佐伯カントリー倶楽部
46 45 91

広島東映カントリークラブ
53 45 98

戸山カンツリークラブ

普段、比較的冷静で通っている私ですが、
クラブを何度へし折ろうかと思ったか・・・
もちろんそんなことは態度には出しませんけどね。
そんな荒れ気味ラウンドでした。

IN 52 18パット

いくら練習不足とはいえ、
自分の思い通りにならないからといって
イライラしていたのではまったく進歩はありませんね。
自分の気持ちと自分の実力を上手くミックスして、
折り合いをつけながらラウンドしていかなければ。
そんな今まで出来ていたことがまったく出来ない、そんなハーフでした。

一番痛かったのはショートでグリーン手前の花道からダフってバンカーへ。
バンカーから出ず、出ず、ようやく脱出。
2パットの+4・・・・・
さすがにこれはキレましたね。
悪くとも乗せる事くらいは出来るだろう、と安易に打った訳ではありませんが、
コロコロとバンカーへ。
その後、気持ちが整理できてなかったんですね、
出すだけでいいものを、「上手く」出そうと気持ちは追い詰められて。
さすがに2回出なかったところで「気持ちを落ち着けて、気持ちを落ち着けて・・・」
と、念仏を唱えて、ようやく冷静になれました。
まあ、遅かったわけですけど。

OUT 47 22パット

バックナインはショットは冷静さを取り戻し、どうにか軌道に乗せました。
ただ、パット下手ヘタな私が顔を出し、22パット。
3パットでボギーをしているようでは・・・・・
しまいには4パットまで・・・・・
グリーンはまったく攻略できませんでしたね。
救いなのは、22パットもしたにもかかわらず、47点で済んだこと。
ショットに関しては次回のラウンドに望みをつなげることが出来ました。
ただパットは実際のグリーンで練習が必要です。
もっと早くコースについて練習するとか、
グリーンがある練習場に行くとか、何かしら対策を立てないと、
このままではいつまでも下手ヘタなままです。
昨年のパットの平均が35.6だったので、これを悪くとも34点台にはしないと。
ショットが劇的に上手くなることはなかなか難しいと思うので、
一番練習していなくて、伸び代があると思われるパットは毎年の課題です。

100点は切れた、このラウンドはこの一言に尽きると思います。
それ以上の中身はあまりなかったです。
次回のラウンドは天候でどうなるか分かりませんが、
その辺に力を入れていこうと思います。

最強のオヤジギャグ

先日、某コースに行った時の事。

100はどうにか切れたが(99)、中身があまりにもボロボロで、
肉体的よりも、精神的にガッカリくるラウンドでした。
ラウンドが終わって、クラブ確認してるときに、キャディさんが
「お忘れ物はありませんか?」

私「コースの途中で、大事なプライドを忘れてきましたw」


バカ…orz

ラウンド日記「安芸カントリークラブ」

今年の初ラウンドに行ってきました。
昨年は12中旬に自己ベストスコア「81」を出し、
12月末に2010年のワーストスコア「109」を出して、
テンションが上がったり下がったりしました。
そんな浮き沈みの激しいゴルフと今年こそおサラバするぞ!(浮きはいいけどね)
という意気込みで行ってきました。

昨年ワーストを出したときに、
打っているフィーリングはいいけど、スコアは悪かった、というのを反省し、
すべてのショットを謙虚に、自分にできる範囲のことをするをテーマにラウンド。
すると、ショットの感じは良くないのに、なぜかパー発進。
続いてパー、ボギー。
なぜだ?打っているフィーリングは全然良くないのに、
なぜかスコアは良い。
ワーストのときのまったく反対のことになってきた。
その後も、1ホール、1ホール大切に。
1ショット、1ショットを丁寧に、安全に。
上がってみれば「42」。
自分でもびっくりするスコアになりました。

後半も前半と同じく、丁寧にラウンド。
OB絡みでトリプルボギーもありましたが、
終わってみれば「43」。
トータル「85」と、自分的にはベストパフォーマンスな結果でした。

こんなスコアが出た理由の一つはパットが非常によかったということ。
昨年の平均が35.6パットなのが、このラウンドは「30」パット。
ここで5.6点も良くなっている計算。
そしてショットの去年の平均が59.7ショットだったのが、「55」だったので、
ここでも4.7点良くなっている計算。
パットは水物なので、ある程度上下はあると思うのですが、
安全に、丁寧にゴルフをすると、ショットで大たたきが少なくなって、
結果刻んだりしてもスコアがよくなる、というのを改めて実感しました。

このラウンドは今年のこれからというよりも、
今後のゴルフそのものの指針になるラウンドだったのではないかと思います。
自分に出来ることをする、このごく当たり前のことが一番難しい。
それを上手くコントロールできれば、結果はおのずとついてくる。
そんなラウンドだったと思います。

これはこのラウンドだけで終わらせてはいけません。
これからも続けていかなければ。
そんなことを考えつつ、とりあえず今日は喜んでおこう!と。
次回こそ進化が問われるラウンドになるだろうな。

「勝って兜の緒を締めよ」

昔の人は良い事を言うもんです・・・

フットジョイ ゴルフグローブ ナノロック

普段は人工革の「プロドライ」(現在生産中止)と天然羊革の「ステイソフ」を使い分けています。

汗をかく季節や天候の悪いときはプロドライ。
人口革は濡れても滑らないのがいいです。
しかしフィット感は羊革にはかないません。
そして、ここ一番のコンペや天候に恵まれているときはステイソフです。
フィット感、グリップ力、羊革はやはりいいですね。

しかし上にも書きましたが、愛用していたプロドライが生産中止になってしまいました。
まだネット通販などで在庫があるところがあるのでそこで何とか調達していますが、
これからはますます手に入れにくくなるはず。
そこで次に使う人工革のグローブを検討していました。

グローブはフットジョイが耐久性、フィット感、
ブランドイメージがいいので、出来ればこれからも愛用したい。
しかしプロドライに変わる人工革のモデルはありません。
サイフレックスが唯一該当しそうですが、手のひら部分が羊革なので却下です。
他のメーカーにしなければいけないか・・・と思っていた所に、
ニューモデルの「ナノロック」が発売されました。

ナノロックは手の甲部分は人工革、平の部分は新素材ナノロックが使われています。
ナノロック素材の部分は見た目は普通の「布」っぽい感じ。
触った感じはメガネ拭きのイメージで、キメの細かい繊維っぽい。
結構つるつるした感触なので、「これでグリップがしっかり握れるのか?」と思うのですが、
グリップすると思いのほかしっかり握れるし滑らない。
革と感触とは違うグリップ感。
こりゃ思ったよりもいいかも。

プロドライ、ステイソフともに24cmを使っていますが、
これは25cmの方がいいですね。
実は今回初めて買うということでいつもの24cmを買ったのですが、
親指と人差し指のところがちょっときつく感じます。
サイズはいつものフットジョイよりは小さめですね。
それはナノロック素材が革の様に伸びないからでしょう。

トータルで見ると、値段は結構安いし、グリップも良さそうなので、
結構「買い」かなぁ。
あとは実際にボールを打ってみたり、
ラウンドしてから細かいところは判断していこうと思います。


岩国センチュリーゴルフクラブ

どうにか、こうにか、100は切れた・・・

2010年初ラウンドは「こんな寒い日にゴルフなんて行かんでもいいでしょ」、
な感じなんですが、
なかなか友人たちと休みが合わず、ということもあり、ラウンドしてきました。

普段の練習不足、そして寒さから身体はまったく動かず、
粘りだけでゴルフをするような感じでした。

前半 48

後半 50

Total 98

それにしても寒かった。
冬のセオリー「アプローチは手前から」を実践して、グリーンの一番手前にバウンドし、
パコーンと跳ねてグリーンをオーバーしたのはご愛嬌か。orz

とにかく練習不足、そして基礎体力不足を痛感。
春の会社のコンペに向けて、というか、健康維持の目的も含めて、
スタミナ作り、関節の稼動範囲を広げる柔軟、ボールの打ち込み、
少しずつでも始めていかないといけないと思う。
毎回書きますが、課題だけはいっちょ前なんだよな・・・

12345>|next>>
pagetop