February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【今年も開催】MPP CUP 2019 WINTER

MPP CUP 2019 WINTER

2019年12月29日

ホビーゾーン可部店2階常設コース

11:00開場/13:00スタート(予定)

参加費:お一人様500円

 

・レースコンデレ

・片軸限定

・ノーマルモーターゼロヨンクラス(ジプニー限定)

・オープンクラス(ダブルエントリー可) 

 

レーススケジュール

レースコンデレ

片軸限定クラス

ノーマルモーターゼロヨン(ジプニー限定)

オープンクラス

 

 

レースコンデレ・・・今大会のレース(どのクラスでも可)に出場するマシン、ひとり1台の出品。参加者、来場者による投票で、最優秀賞、特別賞を表彰。

 

片軸限定クラス・・・片軸シャーシ限定。MA、MSシャーシは参加出来ません。他レギュレーションはタミヤ公認競技会規則に準ずる。ただし充電器、他社ニッケル水素電池の使用可。

 

ノーマルモーターゼロヨンクラス・・・ジプニー限定。シャーシの変更は出来ますが、ボディはジプニーのみで、シャーシに正規に取付けられている事(ツメとボディキャッチ使用)。ボディの改造は認めますが、重量が増えるものだけ可能。軽量化等の肉抜きは出来ません。レース用のノーマルモーター、アルカリ電池は運営より支給します(モーターはレース後返却下さい)。

また、車両総重量を、電池込みで122.9グラム以上とする(12月29日開催のため)。

他レギュレーションは、タミヤ公認競技会規則に準ずる。

 

オープンクラス・・・ダブルエントリー可能。それぞれ違うマシンで出場して下さい。

敗者復活戦あり。レギュレーションはタミヤ公認競技会規則に準ずる。ただし、充電器、他社ニッケル水素電池の使用可。

 

各クラスとも車検は基本行いませんが、各々レギュレーションを意識しての制作をお願いします。

また、各クラスとも、決勝のみ車検を行います。車検不適合の場合、5分間の修理時間を設けますので、適合するように変更してください。修理時間を過ぎる場合、失格になる可能性があります。

 

第76回こいのぼりミニ四駆大会&年間チャンピオン決定戦

今年も1年、楽しく参加させてもらいました。
こいのぼりミニ四駆大会の総決算、年間チャンピオン決定戦です。


レーススケジュールは


キングオブマニアック決定戦

年間チャンピオン決定戦予選リーグ

オープンクラス

年間チャンピオン決定戦決勝トーナメント


となります。


まずはキングオブマニアック決定戦から。


こちらは2019年に新設されたスーパーマニアッククラスの年間チャンピオン決定戦となります。
毎回特殊なシャーシやレギュレーションで、参加者を楽しませてくれます(作るの大変やけどなw)
自分はTR-1クラス2回と、タイプシャーシクラスで優勝したので、それぞれのレギュレーションで出場可能。
しかし、TR-1を2台持ってないし、タイプシャーシはBe-1トコトコ戦法での優勝なので、それは相手に失礼かな?と思って、TR-1一本に絞りました。
練習走行用のレイアウトなので、上りスロープ→4枚着地で、速度を出さないとキツイ感じ。
ハイパーダッシュ3の手持ちで一番回らないモーターで。
マシンの限界は低いと思うので、安全マージンは多めに取る。

1回戦(準決勝)は、速度的に少し上回っての勝利。
そして決勝戦、思ったよりも余裕があったので、熱々チンチン電池で挑む。
あれ?FMTR-1って、こんなに速かったっけ?な速度が出て、優勝させてもらいました。





やった〜
ぶっちゃけ、年間チャンピオン決定戦よりも力を入れていたと言っても過言ではないので、これは本当に嬉しかったです。
キングオブマニアックって称号も面白いじゃないですか?w
よしよし、このいい勢いのまま、年間チャンピオン決定戦の予選リーグ、オープンへとなだれ込みたい。





年間チャンピオン決定戦予選リーグは、3グループ、各5名のレーサーで総当り、合計ポイント上位3名が トーナメントへ、各リーグ4位の方3名のうち2名が決勝トーナメントへ。
勝ち上がるには2勝は必須、3勝出来たら間違いない感じ。




自分のリーグは井上さん、しげやん、院長、Ryoさんと。どのリーグでも、厳しい戦いが待ってるのは変わりない。


ここで、練習走行無しでのレースの戦い方・・・そう先日のマイアミでの経験を活かさなければ。


まず1レース目は電圧を落とし、1.36Vで確実に完走狙い。
まずまずの勝負でしたが、速度負けで完走。
確実に1ポイント取れました。


2レース目は、先程のレースで着地に余裕があったので、電圧を1.43Vまで上げる。
あわよくば完走して欲しいですが、コースアウトでも仕方ないという戦略。
上りスロープ→2枚着地でコースアウト。
速度超過してました。
うむ、ここまで上げると駄目なのがわかった。


ここまでのレースで1勝出来ていれば展開的に楽だったのですが、残り2レースで2勝が必要な、あとがない状況に追い込まれました。
しかし、ここまでの2走で、電圧はある程度は絞り込めました。


3レース目は、1.40Vで挑む。
状況的にプレッシャーは大きいですが、これなら勝負出来ると判断。
マシンはキレのある走りで、見事勝利。
これ!この電圧!


4レース目は、先程の電圧に揃えるだけ。
速度、安定感ともに、先程同様ベストの走りで勝利。
安全マージンはもう少しはありそうだけど、ここを削るのは今は得策じゃない。
タイムアタックじゃないんだからね。


予選リーグの結果は、△×○○と7ポイント獲得。
井上さんに次いで2位で決勝トーナメントへ進出出来ました。





ここからオープンクラスへ。
正直、FMXXのセッティングが出ていたので、オープンで走らせるリスクを考えたら、とてもじゃないけど無理は出来ない。
セッティングが狂うのも嫌だし、万が一コースアウトでマシンが壊れようものなら・・・。
泣くに泣けないですからね。
という事で、一度も練習走行していないFMVSと、キングオブマニアックを征したFMTR-1をオープンに出す。
速度的にはFMVS、安定感ならFMTR-1という感じか。





FMVS・・・1回戦、敗者復活戦ともに、速度超過でコースアウト。
上りスロープ→2枚着地に入らない。
まあ、ハイパーダッシュ3で何とか入れようとしたのが間違いだったんですけどね。
自分はそんなにブレーキ上手くない(^_^;)


FMTR-1・・・1回戦はキングオブマニアックと同じブレーキセッティングでコースアウト負け。
そりゃブレーキが足りないよね。
4枚着地が2枚着地になったんだから。
敗者復活戦はフロントブレーキを隠していたタミテを半分にして完走勝ち。
とりあえず完走させる作戦だったのですが、思いの外速度が出ていて、ロングホイルベースのおかげか、安定感も抜群。
入れていたモーターがランク的に「一番下」のハイパーダッシュ3とはいえ、2枚着地を余裕を持って通過してる。
なんでよ〜w
これなら、もっと速度が上げられるという事で、2回戦からランク「No.2」のハイパーダッシュ3にチェンジ。
本当はモーター変えるの面倒くさいので変えたくなかったんだけどね。
敗者復活戦終了後、2回戦までに慌てて交換。


2回戦からは、モーターランクを上げたので、速度もオープンクラスに出しても恥ずかしくないレベルで出てる。
いや、恥ずかしくないどころか、普通に戦えてるぞ(^_^;)
そのまま順調に勝ち上がり、気がつけば決勝戦。


相手はタケさん。
一発の速さのある人なので、こちらもしっかり対応させて、目一杯の電池で速度を出す。
FMTR-1でここまで来たのだから、負けても悔いはない。


FMTR-1は連続コーナーが苦手なので、スロープセクションとこいのぼりマウンテン後のバンクでどれだけリードが取れるか?がカギ。
スタートから抜きつ抜かれつの大接戦。
2周目のこいのぼりマウンテン着地で、FMTR-1が少しもたつく。
大丈夫、コースアウトしてない。
しかし、最後まで、このもたついた差が埋めきれず、そのまま敗れてしまいました。
準優勝は残念ですが、このマシンでここまでやれるとは思っていなかったので、正直満足度はかなり高いです。
というか、FMTR-1がこんな走りをして、一番驚いているのが自分だったり(^_^;)







FMTR-1が大暴れしたオープンのコーフン覚めやらぬうちに、年間チャンピオン決定戦の決勝トーナメントへ。
マシンはしっかり休ませたので、予選リーグ後半の再現性のある走りをするだけ。
とはいえ、オープンの間に、コースコンディションが多少は変わっているかもしれないので、その辺も考慮して、安全マージンを取らなければ。




決勝トーナメント最初の相手はオリデさん。
予選の走りを見る限り、少しこちらが劣勢か。
でも、ここまで来たら上げるしかないので、1.41Vに。
これでも少し速度負けしていましたが、相手コースアウトにより勝ち上がり。
完走大事。


決勝トーナメント準決勝はきみちゃん。
むう、今一番当たりたくない相手かも(^_^;)
ここを勝てば決勝戦なので、ここも勝負するしかない。
先程よりもさらに安全マージンを削って、電圧を1.42Vまで上げる。
上りスロープ→2枚着地に入らず・・・
安全マージンを削り過ぎた結果なので、これは仕方ない。
それに、無理して速度を上げたにも関わらず、少し速度負けもしてましたからね。
2019年の年間チャンピオン決定戦はここで終わりました。




決勝戦は去年のチャンピオンのフジタさん、今年ノリにノッているきみちゃん、一昨年のチャンピオンのOKTさん。
濃いぜ、無茶苦茶濃いメンツだぜ。


レースはフジタさんが勝利し、2年連続の年間チャンピオンに輝きました。
おめでとうございます!
来年こそ、自分も決勝戦の舞台へ!
まあその前に、まずひとつ勝たないといけない。
そして年間チャンピオン決定戦への権利を獲得したいですね。




今年もこいのぼりで、たくさんのレーサーの方々と楽しく遊ぶ事が出来ました。
いつも運営をして頂いてる院長、札揃えのプロwよしおさん、チームこいのぼりのみんな、参加してくれたみんな、そしてご家族の方々、みーんなの協力があってこそ、自分が楽しくミニ四駆を遊ばせてもらってるという、感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。


今年のレーサーとしての活動は、これで終了。
次は運営としてのミニ四駆を楽しもうと思います。
どれくらいの人達が来てくれるのか、全く読めていませんが、来られた方々みんなと楽しく遊べるように、遊んでもらえるように頑張ります。


今年1年、ありがとうございました!


Keep on Running!




ながつかとうべえ祭り こいのぼりミニ四駆組立体験&レース2019





こいのぼり鍼灸整骨院がある長束のお祭り、ながつかとうべえ祭りのイベントで、ミニ四駆組立体験&レースに参加して来ました。


基本的には、お手伝いのつもりですが、素組だけは頑張る!そんな気持ちです。


レーススケジュール
・オープン1、1回戦〜敗者復活戦
・素組クラス
・オープン1、2回戦〜決勝戦
・オープン2、1回戦〜決勝戦


オープン1と素組クラスは、同じレイアウト。
素組がコースアウトしないレイアウトなので、スピード勝負。
自分としては、ハイパーダッシュやパワーダッシュの速度域だと、ついて行けない感じで・・・(^_^;)


オープン1
FMXX・・・1回戦敗退、敗者復活戦敗退
FMX・・・1回戦敗退、敗者復活戦敗退


全くお話になりませんでしたね。
速度を上げた結果、ブレーキセッティングがバラバラで、全レースコースアウト(^_^;)
コースアウトポイントなんて、1箇所しかないのにねw
修行が足りませんなぁ・・・




素組クラス
こちらは本気のマシンで挑む。
MAかFM-Aで悩みましたが、素組で使い慣れているMAデクロス02で。


1回戦から、しっかり速度を出して勝利。
2回戦は井上さんなので、電池は新しいので挑む。僅差で何とか勝利。電池を変えてなかったら、確実に負けてた。
準決勝は一度走った電池でしたが、何とか勝利。
決勝戦はシゲさんとうちの子(^_^;)
何もしてないはずなのに、なぜ勝ち上がってるw
シゲさんに全く歯が立たず、大差をつけて敗れました。あとから聞いたら、決勝戦で一度も走ってない電池を使ったとの事。完全に作戦負けですね。ただ、全車素組とは思えない速度の決勝戦で、見ていて楽しかったんじゃないかと思います。
ミニ四駆の魅力は伝わったかなぁ?




オープン2
こちらはレイアウトを変更して、練習走行無しでのトーナメント。
こいのぼりでは、この方式のレースを割とやるので、マシンセッティング能力は鍛えられているかな?
オープン1がハイパーダッシュやパワーダッシュ系のハイスピードレイアウトだったのに対し、オープン2は小コブ→ドラゴンバック追加で、速度域は一気に落ち、チューン系からライトダッシュ位になりました。
この速度域なら、自分でも戦えると、俄然やる気に(^_^;)
小コブに効くブレーキだとバンクも減速するので、バンクの減速を最小限に抑えつつ、小コブ→ドラゴンバックでバランスを崩さないギリギリの速度を狙う感じでセッティング。
順調に勝ち上がり、決勝戦。
相手はオープン1勝者のダイさん。
あの速度域で勝って、この速度域でも決勝って凄くない?
レースは両車全く同じ速度で、バンクの抜けが少し自分の方が良かっただけの差で、僅差で勝利させてもらいました。
あざます!
ダイさんもナイスランで、本当に楽しい決勝戦でした。
ありがとうございました!







戦績的には、本当によくやったと思います。
ただ、オープン1での惨敗は、ちょっと情けなかったです。
まず速度を出す事が本当に難しく、速度を上げたとしてもブレーキセッティングが技術不足。これで戦えってのが無理がある(^_^;)
これからは、もっと色んな速度域でも戦えるように、精進していきたいですね。




今日はたくさんの子供達がミニ四駆で遊んでいました。
一生懸命組み立てたり、マシンの良いところ、気に入った所を説明してくれたり、楽しそうな子供達を見る事が出来て、本当に良かったです。
こういうイベントは出来るだけ参加させて頂いて、未来のミニ四レーサーのお手伝いを、これからもしていきたいですね。


参加された子供達、その親御さん、ガチなミニ四レーサーの皆さん、また皆で楽しく、時には厳しいレースをして遊びましょう。


お疲れ様でした〜
(院長が一番お疲れ様〜)



第75回こいのぼりミニ四駆大会





今月も遊びに行って来ました。
お馴染みの限定は「今年優勝していない人」限定。
いやー残念だなー
出られないなー(^_^;)
ということで、スーパーマニアッククラスのスパイクタイヤ限定と、オープンに参加。
スーパーマニアッククラスはTAREKAレギュにも対応したFM-A。



スーパーマニアッククラス
タイヤが跳ねる為、いい感じで走っていても、急に挙動が怪しくなる(^_^;)
決勝で3秒でコースアウトしたコブも、それまでは何ともなかったのにね。
着地→マシン全体がびよ〜ん→コースアウトでした。
準優勝とはいえ、出来れば最後まで走りきりたかったです。




オープンクラス
マシンはFMXXとFMX。
どちらも2回戦に無難に進出しましたが、FMXXはマシンそのもののバランスが悪く、速度も上げることが出来ず、2回戦敗退。
マシンに疲労の色が見えました(^_^;)
FMXは、ブレーキと速度が比較的いいバランスで、FMXXよりもハイアベレージ。
何とか準々決勝まで進出出来ました。
最終的に負けはしましたが、マシンの性能なりの走りは出来たし、その時の出来ることはやったと思うので、レースとしては満足度は高めでしたね。


全体としては、FMXは上り調子、FMXXは下り調子な感じで、走りの復活の為には、しっかりメンテナンスやってやらんといけんなーと。


次のレースは土曜日のながつかとうべえ祭り、こいのぼりミニ四駆組立体験&レースです。
素組のレース(だけ)に本気出す!という感じで挑もうと思います(^_^;)


参加された皆さん、お疲れ様でした。
自分は来月の年間チャンピオン決定戦に向けて、モチベーション上げて行きたいと思います。
また、来月も皆で遊びましょう〜\(^o^)/

第74回こいのぼりミニ四駆大会

今夜も行って来たヨー


スーパーマニアッククラスはステアリングシステム限定。
こちらはノーマシンでフィニッシュw


限定クラスは、先月に続き、X・XXシャーシ。
先月は決勝に進めず、順位決定戦での準優勝でした。
今回は勝って決勝に進みたい。



エースのFMXXで万全な体制で挑みました。
が、練習走行中にコースアウトで提灯アームが折れました。
その修復の為、一度も完走しないままレースに。
1回戦、速度が読めないので、適当にトルクチューンでフロント青をタミテで隠し、リアはコブがあるので青2.0mmを0.5mm擦る感じで。
コースに置いた瞬間にモーター死亡で、めっちゃ遅い(^_^;)
トコトコ走って、当然のように落とし穴に落ちる・・・
なんでこうなる?w


敗者復活戦はもう一つのトルクチューン(無印)で、いい速度で完走勝利。
これ、セッティングハマってない?


その後は順調に勝ち上がって、決勝はおかっちさんと。
前月のリベンジだ!


少しずつリードを広げる、ナイススタートダッシュ。
2周目のレーンチェンジでもたついて、その後のコブ→ドラゴンバックでバタバタした隙に、一気に抜かれる。
徐々に追い上げて、ラストはほぼ並んで最終コーナー。
どっちだ?!
うわー
マシン半分の差でさしきれず・・・
残念!


優勝のおかっちさんは、ほぼノーミスの走り。
かたや、こちらはもたついたり、バタついたり。
負ける要素はこちらにしか無いので、潔く認めます。
マシンの差は数センチですが、それ以上に差はあったように思います。





オープンは限定に出したFMXXとFMVS。
FMXはほとんど練習していないので、とりあえず待機。
FMVSはコブ対策したブレーキにしているので、練習はしてないけど、出してみる(テキトーw)


FMXXは限定でセッティングがハマっているので、順調に勝ち上がる。
FMVSは、ありえないくらいの速度超過で、全レースコースアウト。
うーん、トルクチューン2なんだけど(^_^;)


FMXXは準決勝。
ここまでの走りを続ければ、決勝進出も夢じゃない感じでしたが、コブの着地で、謎コースアウト・・・
コースの継ぎ目に引っかかった感じなのかな?
上に向かって、ぴょーんって跳ねました(^_^;)
これは仕方ない。
どうにか勝ち上がりたかったけど・・・




完走率が高くないコースレイアウトの時は、比較的成績がいいような気がします。
あと、練習ではよくない方が、謙虚なレース運びが出来ますね。
無理をしない、自分のレースをやりきる事が、好成績の秘訣なのかも。
まあ、それが難しいんですけどね。




来月もレイアウトは変わらず。
限定は今年オープンで優勝してない人限定なので、出られません。
スーパーマニアッククラスはスパイクタイヤ限定なので、こちらのマシンを作ろうかな。


また、来月もみんなで遊びましょう。
あと、最近参加者が少ないので、もっとみんな遊びに来ればいいよ。
絶対楽しいよ〜



ジャパンカップ2019岡山大会



今年の夏を締めくくるイベント、ジャパンカップ岡山大会に行って来ました。
同行メンバーはうちの子とケンちゃん。
Team☆Route54、久しぶりに揃いました。
現地ではチームこいのぼりの院長、クロセさん、でるたさんとご一緒。



現地着してすぐにうちの子のジュニアクラス。
シャーシはMA、モーターはトルクチューンでノーブレーキ。
狙いとしては悪くないんじゃないかな?


ギミックは何も付いていませんが、デジタルドラゴンの挙動がとてもバランスが取れていて、ちょっと期待しましたが、キッカーフラップでコースアウト。
他は良かっただけに、悔やまれる結果。
本人落胆。




その後自分のオープンクラス。
参加マシンはいつものFMXX。
今回の為に、ATスライドダンパーの土台の精度アップと、フロント提灯のカーボン化、リフターを作成。
縦の動きは、かなり改善されたのではないかと。


セッティングは・・・
・FMXX
・ライトダッシュ
・3.5:1
・富士通プレミアム
・タイヤ径24.5
・前後ブレーキ無し


特殊ギミックは無いので、デジタルドラゴンで速度超過しないように。


1次予選1回目
スタートからいいペースで周回。
課題だったデジタルドラゴンも安定した挙動で通過。
ライジングファントムチェンジャーも難なくクリア。
キッカーフラップもマスダンパーを重くした事が効果あったのか、挙動の乱れはほとんどなし。
自分的ベストな走りでしたが、トップの方は速かった、惜しくも速度負けで2位フィニッシュ。
負けはしましたが、同じ走りをすれば、光は見えてくる感じでした。





子供の1次予選2回目
キッカーフラップの弾かれ方がハンパなかったので(^_^;)、前後のマスダンパーを重くして挑む。
が、またしてもキッカーフラップで弾かれ、綺麗な前転・・・
本人のコメント


「凹んだ・・・」


キッカーフラップ以外の走りは良かっただけに、悔やまれる結果となりました。
次頑張れ。




オープン
1次予選2回目
セッティングは1回目と同じで。
スタートから快調にトップグループに付いていく。
が、2周目のデジタルドラゴンで前走車のコースアウトに巻き込まれる・・・
えー、いい感じやったやん・・・
異議申し立てをして再レースへ。
電池を交換したいのマシンを預けて、、ダッシュでピットへ。
電池を交換する手が何故か震えている(^_^;)


1次予選2回目再レース
1周目、デジタルドラゴンでツルッとコースアウトw
まあ、こんなもんか・・・




自分達のピットからは、クロセさんが1次予選を突破しましたが、2次予選で敗退してしまいました。
うむ、残念。




僕たちの夏は終わりました(10月)
これまではデジタルでいかに減速せずに行けるか?という事を考えていたのに、今回はデジタルでいかに減速出来るか?という逆の事を考えなければいけませんでした。
これはタミヤから自分たちに「頭を柔らかく使えよ〜」というメッセージだったのかもしれません。
まあ、そのメッセージに気がついたのは、ついさっきなんですが(^_^;)


次の公式はニューイヤーになると思います。
少し間が開くので、その間はしっかり3レーンで遊んで、また来年の夏に向けたマシン作りをしていきたいと思います。


熱い夏をありがとう!





おまけ
レース後、山口のチームデウスの方々とギラティナレイド(^_^;)
ゲットは出来ましたが、色違いは出ませんてました・・・

第73回こいのぼりミニ四駆大会

今宵もミニ四駆に狂った大人たちの集まりに、顔を出してきました(^_^;)


今夜のメニューは・・・


スーパーマニアッククラス(タイプシャーシ限定)


X・XXシャーシ限定


オープンクラス1


オープンクラス2


と、盛りだくさんです。




スーパーマニアッククラス
こちらは、マシン作りにリソースを注ぎ込み過ぎないがテーマなので、程々走るタイプ2に、Be-1のボディ。
予選リーグ→決勝トーナメントの方式。
レースは予選リーグ敗退。
まあ、このクラスで勝つには、リアを桁にするなどの本気度が必要ですね(^_^;)






X・XX限定クラス
今回はこの限定クラスの為に、新車でFMXを作りました。
一部パーツやボディは使いまわしましたが(^_^;)
マシンの仕上がりはいかに?
練習ではかなりのアベレージで走る事が出来たので、そこそこ勝ち上がれそうな予感はしてましたが・・・
準決勝の4台には残りましたが、コースアウトで順位決定戦に。
準決勝は1台のみ勝ち上がりの方が優勝。
2位と3位を決めます。
ここで、FMXが今日イチの走りで準優勝に滑り込みました。
ありがとうございます。
準決勝でこの走りをして、勝ち負け以前に決勝戦を戦いたかったです。






オープンクラス1
通常のトーナメントで。
敗者復活戦にFMXが回りましたが、久し振りに2台2回戦に進出。
しかし、FMXはオープンのレベルには程遠く、速度負けで敗退。
だた、新車初レースの走りとしては悪くなかったので、次に繋がるかな。
FMXXは準決勝で速度負け。
ただ、3位決定戦をしっかり走りきり、3位入賞。
ありがとうございます。






時間があるので、オープン2をやろうという事に。
1台エントリー、予選リーグ、決勝トーナメントの方式で。
これ、年末の年間チャンピオン決定戦と同じ方式。
院長は予行演習になるって言ってるし、自分はレース本番を想定した練習になるし、これはありがたい。
1リーグ4人で、2人勝ち上がり。
完走の1ポイントが大事になってくる。


自分のBリーグは、イノウエさん、おかっちさん、OKTさん、自分。
普通に年間チャンピオン決定戦レベルやん(^_^;)
レースは2勝同士で並んだおかっちさんと自分が直接対決。
勝っても負けても決勝トーナメントに進出出来るので、決勝トーナメントでの速度を決める為に、モーターをトルクチューン2からライトダッシュに上げて挑む。
見事に速度超過でコースアウト(^_^;)
決勝トーナメントの使用モーターはトルクチューン2に決定。


決勝トーナメント、何とか1勝して優勝決定戦。
ここで、何故か悪魔の囁き(^_^;)
気がつくとライトダッシュ入れてたw
入賞は確定してるし、対戦相手もおかっちさんと輝さんなので、普通に走ってちゃ勝てないので、勝負に出る。
どうにか食らいついて行きましたが、バンクスロープ着地でコースアウト。
明らかに速度超過でした。
残念。








4クラスあって、3クラス入賞出来たのは、結果としては良かったですね。
ただ、ここという場面で勝ちきれない、完走出来ない悪い面も出ましたので、12月に向けて、マシンのレベルをさらに上げて、FMXでも、FMXX並みの走りが出来るようにしたいですね。


院長、参加された皆さん、お疲れ様でした。
また来月も遊びましょう。
ありがとうございました!

日浦公民館ミニ四駆チャレンジ

こいのぼりpresents日浦公民館ミニ四駆チャレンジに参加してきました。



メインは夏休みの子どもたちで、ミニ四駆を買って、その場で組んで、そのままレースするって感じ。
オープンクラスもありますが、とりあえずな感じで。



素組は準備の関係で、すでに組んである物をそのまま持って行きました。
FM-Aのロードガイル(ボディ塗装済)。
基本的には、うわースッゲー速いーからのコースアウト狙いw




アルカリ電池を2セット支給されたので、それを上手く使いながらのレース。
とりあえず、ポケットに入れておこう(^_^;)


1回戦はオープンレイアウトの逆走で。
これが速度が出るとまったく完走出来ないの。
ほとんどのマシンが完走出来ず、急遽敗者復活戦からはオープンと同じ向きに変更。
ほほぅ、これなら速度が多少出ても大丈夫そう。
そこから何とか完走しつつ、準決勝へ。
準決勝は朝の受付してから組み始めた地元の子供。
本気の素組wが、スタートからグイグイ差を広げていく。
しかし、ファイナルラップで自分のマシンがコースアウト。
走りきったジュニアの子に負けてしまいました。
うん、その子いい走りしてたので、勝って当然。
そして、そのジュニアの子は、決勝戦も走りきっての準優勝でした、おめでとうございます。


自分は3位決定戦をタレた電池で走りきっての入賞でした。
ありがとうございます。



オープンクラスは、シングルエントリーなのでFMXXで。
レースはボチボチの速度で完走していたら準決勝へ。
そして、広島トップレーサーの1人たまけんさんに処される(^_^;)
糸冬了
速度域が全然違うんだもんなぁ・・・




ミニ四駆って、自分で組んで、走らせて、壊れて、直してって繰り返しだと思うんですよね。
その中で、手を動かす楽しさを少しでも感じ取れてくれればいいかなーとか、そんな事を考えながら過ごさせてもらいました。
レース後に、今日組み立てたミニ四駆を子供達同士でわいわい走らせているのを見て、コースの周りを走るんじゃない!とか、思う部分もありつつ、微笑ましく感じたこういう感覚は大事にしていかないといけないなぁ、と改めて実感しました。


これからもこういうイベントがあれば、積極的に参加&協力していきたいですね。


参加された皆さん、親御さんも含めて、お疲れ様でした。

第72回こいのぼりミニ四駆大会(昼の部と夜の部)



盆休みの大会参加は、このこいのぼりの大会だけになります。
ただ、昼の部と夜の部があって、1日中ミニ四駆で遊べる天国みたいな日です(^_^;)


【昼の部】
参加したのは、プラボディMA限定クラスとオープン1、オープン2の3クラス。
プラボディMA限定のマシンは、部屋に転がっていた色んなパーツを組み合わせて、何とかでっち上げる。
夜の部のスーパーマニアッククラス用の中空タイヤ限定も兼ねて、タイヤは中空タイヤで。
オープン用のマシンは、先日のTAREKAクラス用に作ったFM-AといつものFMXX。
FM-Aよりもいつも使っているFMVSの方がレベルの高い走りは出来ると思いますが、せっかく作ったので走らせる。




プラボディMA限定クラス
とにかく、練習から全く完走出来ず、本番も完走出来ない。
どうやったら走り切れるの?という感じで、成す術なく敗退。
こりゃ、先が思いやられるぜ・・・




オープン1
練習でプラボディMAとTAREKA FM-Aばかり走らせたので、FMXXは初走行。
もちろんセッティングも出ていないので、走りきれる訳ないよね(^_^;)
FM-A、FMXXともに、1回戦敗退。
オープン2はレイアウトが一部変更になるけど、基本のこのレイアウトで完走出来ないのでは、話にならんし・・・


オープン2
レイアウト一部変更後、練習走行無しでレース。
こちらは1台のみのエントリーなので、エースのFMXXで。
セッティングはよく分からないので、適当にライトダッシュ入れて、リアブレーキを青にしたら、なぜか完走した(^_^;)
レイアウト的に高速になったように見せかけて、実はほとんど速度域が変わってなかったというね。
全体でいうと、自分の速度は真ん中くらいだったと思いますが、きっちり完走を続ける事で、勝ち上がり。
準決勝では惜しくも敗れましたが、3位決定戦でもしっかり走りきり、3位入賞をもぎ取りました、ありがとうございます!



こういう難しいレイアウトは得意とは言わないにしても、相性がいいみたい。


この勢いのまま、夜の部突入だぜ!




【夜の部】
夜の部は、スーパーマニアッククラス、プラボディMA限定、オープンクラス。
スーパーマニアッククラスとプラボディMA限定は、昼の部と同じく、でっち上げMA。
ただし、中空タイヤとの相性が悪かったので、プラボディMA限定クラスは現地でフェスタジョーヌを購入して、そのタイヤとホイールを使用。
少しはまともな走りになるか?
と思いましたが、どのマシンも練習走行ではまったく完走出来ず。
もう嫌だ(^_^;)
でもレースは始まる・・・






スーパーマニアッククラス、プラボディMA限定ともに、見どころ無しで終了。
まあ、このマシンはでっち上げマシンだから・・・(言い訳)




オープンクラス
ダブルエントリーなので、TAREKA FM-AとエースマシンのFMXXで。
練習走行では一度も完走出来なかったにも関わらず、なぜかFMXX完走勝ち。
え?
なぜでしょう?(^_^;)
FM-Aも1回戦ではコースアウトしましたが、敗者復活戦で見事完走勝ち。
久しぶりの2台勝ち上がり。
全体でも2台勝ち上がりは、自分とよしおさんだけだったみたい。
不思議な事もあるもんだ・・・


FM-Aは2回戦でコースアウトしてしまいましたが、FMXXは完走したセッティングを継続する事で、再現性の高い走り。
昼の部と同じく、速度は10番手くらいだったと思いますが、完走勝ちを続けて、準決勝へ(4台)。
準決勝は惜しくも速度負け、3位決定戦も速度負けで、実質4位でした(入賞ならず)。
残念。




昼の部、夜の部ともに、オープンでは準決勝まで進めたのは良かったです。
ただ、他のクラスではまったく駄目で、もう少し頑張れよ俺って感じでしたね。
来月はオープン以外も頑張ります。




で、来月の限定クラスは・・・



X・XX限定!


みんなは自分が有利だって言うけど、これまでX・XX限定で成績が良かった試しがないんだよね(^_^;)
確か準決勝進出が最高成績なんじゃないかな?
次の目標は、プレッシャーに打ち勝つことをテーマに、限定に気持ちを絞ってやっていきたいですね。
オープンはオマケ的な感じで。




1日中、みんなとミニ四駆で遊べて、本当に楽しかったです。
また来月も遊びましょう。
お相手して下さいね〜
お疲れ様でした。





昼の部のジュニアクラスで、うちの子が見事優勝しました〜
大人でも完走が難しいコースを、よく走りきりました。
おめでとう〜



MPP CUP 盆休みミニ四駆大会2019





この度はお忙しい中、当大会に遊びに来て頂いて、本当にありがとうございます。
少し時間が開いてしまいましたが、先日の大会のまとめなんぞ。






今回はTAREKAクラスという、新しい試みをしました。
こちらのクラスは仙台のシーガル西多賀
店発祥のミニ四駆レギュレーションで、ボディとタイヤに制限があります。
制限といっても、タイヤ加工が出来ない(ペラタイヤ等の禁止)のと、ボディがプラボディで前後ツメとキャッチを正規に使用する事なので、比較的簡単な改造でレギュレーションに合わせる事が出来ます。
自分的には初心者や初級者、改造経験の少ないジュニアに向いているレギュレーションで、ステップアップナイトの理念の延長線上にあると感じております。




レーススケジュールはこちら。


・レースコンデレ
・TAREKAクラス
・ノーマルモーターゼロヨンクラス
・オープンクラス


以下、各クラスの入賞者の紹介です。






レースコンデレ最優秀賞
マ○ダ選手
このマシンが最多得票で選ばれました。
カラーもマシンも、レーシーに仕上がっていますね。
速くてカッコいいを体現出来ていると思います。
おめでとうございます!
 






 



 




レースコンデレMPP特別賞
シゲ選手
まずひと目見て、裏?表?(^_^;)
初めて見る形で、度肝を抜かれました。
ちょっと衝撃的過ぎて、それ以上の感想が無いのですが、とにかくインパクト抜群でした。
おめでとうございます!
 






 



 




TAREKAクラス
優勝:井上選手
準優勝:にの選手
3位:くっしー選手
初めての開催でしたが、多くのエントリーを頂きました。
決勝はにの選手がリードしていましたが、2周目の下り1枚着地で惜しくもコースアウト。
安定した速度で走りきった井上選手の勝利でした。
おめでとうございます!



 



 



 



 






 

 


ノーマルモーターゼロヨンクラス
優勝:シゲ選手
準優勝:カイ選手
3位:にの選手
レースコンデレMPP特別賞を取ったシゲ選手のマシンが、ノーマルモーターゼロヨンクラスを征しました。
見た目以上の走りで、こちらでも度肝を抜かれました。







 



 



 



 






 

 


オープンクラス
優勝:M式田選手
準優勝:輝選手
3位:ダイスケ選手
1周目で2台もコースアウトする、激戦のオープンクラスを征したのは、島根から来られたM式田選手でした。
おめでとうございます!
最後までしっかりと走りきりましたね。
2位と3位は順位決定戦で輝選手が勝利しました。







 



 



 



 






 

 


今大会は、いつもよりも開催クラスをひとつ少なくして行いました。
すべてをこなす為にぎちぎちに詰め込むよりも、運営含めて、少しゆとりを持ってやりたかったからなのですが、結果良かったのではないかと思います。
これにもう一つ何か開催していたら、ちょっと時間的に厳しかったかなぁと感じてます。
あと、最近は、ゼロヨンや今回のTAREKAクラスのように、オープン以外にもたくさんの方々に参加して頂ける(周知が進んだ)ようになったのも、開催クラスを少なくして良かった面かと思います。


そして
今回から導入のワイヤレスマイクセット、これはMVPですね。
運営の進行が格段にスムーズになり、色んな面でプラスになりました。
皆さんから頂いた貴重な参加費(運営費)から出費した価値がありました。
これからの運営でも役にたてていきたいと思います。





今回の大会にあたり、たくさんの方々や店舗に協力して頂きました。


まず、参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。


その参加者を送り出して頂いたご家族の皆さんの協力があっての事です、ありがとうございます。


場所をお借りしたホビーゾーン可部店様、いつもこちらのわがままを聞いてもらって、本当にありがとうございます。
ホビーゾーンの本社から広島ミニ四駆界を、ひいては日本のミニ四駆を盛り上げて行きましょう。


運営に協力頂いた、チームこいのぼりの皆さんも、本当にありがとうございます。
TEAM☆ROUTE54だけでは、とてもやりきる事は出来ませんでした。
いつも助かってます。


最後にTEAM☆ROUTE54のケンちゃん、ISKWくん、本当にありがとう。
毎回、自分の思い(わがまま)だけで振り回してしまっていると思います。
それでも協力してくれて、本当に助かってます。
それぞれ、色んな都合とかあると思うけど、またお願いするようになったら、マジで頼むわ(^_^;)




まとめのひと言としては・・・


「関わってくれるみんなに感謝」


お疲れ様でした〜m(_ _)m




おまけ
自分の事(^_^;)
TAREKAクラス、FM-Aが練習走行でフロントのATスライドダンパー破損(T_T)。
無理矢理固定して挑みましたが、2回戦でよしおさんに殺される。
ノーマルモーターゼロヨンクラス、え?何ですかそれ?(FMAR、1回戦敗退)
オープンクラス、FMXXが準々決勝進出。
以上ですw





参加人数:46名
レースコンデレ:46名
ノーマルモーターゼロヨンクラス:23名
TAREKAクラス:29名
オープン:46名(80台エントリー)


みんなありがとう!


Keep on Running!








 



 



 



 



 



 


12345>|next>>
pagetop