April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

おなじやん!

ロメオ〜Romeo〜

恋Bank

カラット〜Carat〜


サイトの作り、一緒やん!

2010/02/02追加

Vogue〜ヴォーグ〜

椿〜TSUBAKI〜

老婆の休日

やるだけやった後に死なれちゃ困るな・・・
っていうか、出来ないよ・・・

トレヴィの泉の前で待ち合わせ。

真実の口でパックリと。

冥土の土産にババアをイかせて。

http://www.ooobo.com/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
注意:18未満の投稿・閲覧を禁止しております。
情報メール配信拒否はお手数ですがこちらまでお願いします。
cancel@ooobo.com

 

高齢者向け

高齢者向けスパムwww

みちよさんからのMessageが届きました。
Only to you a chance
『62歳のみちよと申します』
返信&PR確認
http://www2.canmix.net/user.app?cmd=message&memberID

当メールはご利用規約に基づき配信しております。
◆◆お問い合わせ◆◆
  カスタマー・サポートセンター
  support@canmix.net
   =Candy Style=
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ポイントのご利用は計画的に

タイトルを見て、つい開いてしまった、そんな世代です・・・

大島さんからのMessageが届きました。
Only to you a chance
『田原俊彦の抱きしめてトゥナイト』
返信&PR確認
http://www2.canmix.net/
※18歳未満の方はご利用できません。
=Upgrade Your Life=

当メールはご利用規約に基づき配信しております。
◆◆お問い合わせ◆◆
  カスタマー・サポートセンター
  support@canmix.net
   =Candy Style=
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

下に利用規約を載せておきます。
1ポイント10円ということは・・・・・
!!
えらい高くね?

» read more

親孝行

脱チェリーボーイ!!!

半信半疑で始めたら、本当にドウ○テイ捨てれた、、、
今までの39年間なんだったんだ。。

お礼にもらった32萬で

 かあちゃんに神戸牛おくった(笑)



| 駅弁逆バック |



・・・・・なんと、親孝行な息子なんや・・・・・( ;∀;) イイハナシダナー

2ヶ月で8センチも大きくなりました。

Subject: ペ○スが大きくたくましくなります。ペ○ス増大

キャンペーン70%OFF。
彼女に「貴方のペ○ス小さいね」って
言われたことありますか?
「全然イカないよ」って・・・
必ず解決できます。
安心堂」のバイオ・マックス・パワーに
お任せください。
今すぐ→クリック

「すごーい」って彼女に満足してもらえます。
もう、温泉で前を隠さなくて堂々とできます。


そんなに大きくなったら、パンツをはみ出ちゃうよ!! ( ゚Д゚)アライヤダ!!

ドウモ〜〜〜ッ!!ゲストサンハジメマシテ〜〜〜ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)

送信
美紀☆☆☆彡 さん

タイトル
ドウモ〜〜〜ッ!!ゲストサンハジメマシテ〜〜〜ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)

メッセージ
私は美紀デス〜〜〜っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私、セフレがすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/
探してたら(◎_◎)なんとっ!☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡
ゲストさんの素敵なプロフ♪を発見!!!!
条件ばっちり〜〜(^o^)//""" パチパチパチ
てなわけで、ついついメールしちゃったのらー(o^v^o) エヘヘ
一緒にホテルに、行ってくれるよねっ。
(*^-^*) お・ね・が・い♪(* ̄・ ̄)ちゅ♪ッ
え?行ってくれないのぉ〜?(;¬_¬)そんなの死刑〜〜、
ガ━━━(゜ロ゜)━━━ン
行ってくれなかったら ☆○(゜ο゜)o 美紀のぱ〜んち
、☆(゜o(○=(゜ο゜)o くらえー!!
(>_<) いてっ!ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!
(☆o☆)きゃ〜〜(**_**;)やられた〜〜(o_ _)o ドテッ
ガ━━(゜Д゜;)━━ン!
なあんて(#⌒▽⌒#)こんな美紀っ!σ(^_^)だけど、(///▽///)
セフレになってm(_ _)mくださいませませ♪('-'*)フフ
ということで。(^-^)v ほんじゃo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪



絵文字オンパレードで読みにくいったらありゃしない。
インパクトはありますが、読もうという意欲がそがれます。
スパム業者の方々、これでは駄目ですよ。 (;´Д`)

地区B

口コミ板で見たサイトで会った女の子・・・
カワイイ薄ピンクの地区Bなうえにアソコも濡れ濡れww 
俺のティンコ血管破裂しそうなくらいオッキしたわw...


ぶはは!!

「地区B」だってよ!

ちくびー!

ちくびー!

ちくびー! www

初めてのバイブレーター

初めてのバイブレーター

メッセージ
忘れもしません、それは、クリスマスイブの日でした。あらかじめ彼からクリスマスイブは、二人きりで、過ごそうと思っているから、ホテルを予約しているんだと、随分まえから言われていました。
わたしは、とても待ち遠しく、ワクワクしながら当日の朝を向かえました。
待ち合わせは、午後3時でした。2日前に生理がおわっていたので気分も良く、待ち合わせまで、時間はたっぷりあるので、部屋の片付けをし、シャワーを浴び、それから身支度をしました。わたしは、タンスのいちばん上の引き出しを引き、今日、穿いていくショーツをどれにしようか迷いながら、やっぱり白だよね、と思いながら買ったばかりのビキニタイプの可愛いフロントにレースのついたのを選び、脚をとおしました。
ショーツとお揃いのブラを身に付け、フローラルピンクのパンティストッキングを穿きました。それから薄いピンクのミニスリップを着て、ブラウス、ミニスカートを身に付け、鏡の前に立ち、身だしなみを確認しました。それから、薄化粧をし、軽くルージュを引いてイヤリングを付け、ちょっとだけおしゃれをしました。そして、コートを羽織って家を後にし、待ち合わせ場所へ向かいました。

待ち合わせ場所で彼の車に乗り、近くの海岸までドライブしました。おしゃべりをてのしんでいると、あっという間に陽が傾き夕日がとても綺麗でした。そしてそろそろ行こうかと言って車をホテルにつけました。
私たちは、チェックインを済ませ部屋に荷物を置いて、最上階のレストランで夜景を見ながら、食事をしました。食事を終えた後、部屋に戻り少しおしゃべりをしてクリスマスプレゼントの交換をしました。
彼には、セーターをプレゼントして、とても喜んでもらいました。そして、私はと言うと箱の中に袋が二つ。なにかなーと思いながら開けてみると、ひとつは黒のTバックのショーツでした。もうひとつの袋を開けてわたしは、目が点になりました。レディースコミックで見たことのある黒色のバイブレーターだったのです。それも彼のモノとはひと回り大きなものでしたし、実物を見るのも、手にするのも初めてだったのでマジマジと見てしまいました。
すると彼が今日使ってみようよと言いましたが、私自身使ったことがないので、不安だし、怖いって言いましたが、もし痛かったら言って、すぐ止めるからと言ってくれたので承諾しました。彼はありがとうと言って頬に軽くキスをしてきました。


やがて二人のムードも高まり彼は、トランクスで、私は、ブラとショーツ姿でベットに入りました。枕元には、バイブレーターが用意していました。いつものように舌を絡めあってディープキス、私の頭の中は、もうこの時点で空っぽで、セックスモードに切り替わっていました。
耳元に軽く息を吹きかけられ、甘い吐息が私の口から漏れました。やがては脚を絡ませながら、首筋に移り、ブラをはずされ、右手で乳房、乳首を刺激され、左の乳首を舌で転がすように愛撫されると、甘い吐息から、喘ぎ声に変わっていきました。彼の心地いい愛撫を楽しんでいると彼は、バイブを手に取りショーツ越しにワレメをなぞるようにあててきて、マチコちゃん可愛いパンティだね、(女性はとりあえず褒められると嬉しいのです。)良く似合うよって言ってくれました。。
そしてスイッチを入れると細かな振動が伝わってきて、それがクリOリス、オマOコにあてがわれると体中の水分が、ラブジュースへと変わっていくような感じでした。マチコちゃんパンティからラブジュースが溢れているよと言ったので、顔から火が出るほど恥ずかしくなりました。しかし、その恥ずかしさもほんの一瞬で、次から次へと襲ってくる快感に、次第に身を任せるようになりました。


そして彼は、私のショーツに手をかけゆっくりとじらすように、脱がしていきました。まちこちゃん、ほら、こんなになってるよ。絞ればラブジュースがしたたり落ちるほど、濡れてるよ。って言って、私に見せてきました。私はイヤッといってかぶりをふり、恥ずかしさのあまり、手で顔を隠しました。
そして休む間もなく、私のラブジュースがたっぷり絡みついた、バイブのスイッチが入れられ、乳房、乳首をせめられ、やがて、クリOリス、花びらを執拗に攻められ、そろそろ絶頂を迎えようという時に、突然攻めが止み、私がどうしたの?いまやめちゃだめっ!と思っていると、バイブが振動しながら私の身体に少しずつ入ってきました。
私は、ほんのちょっとだけ怖くなったので、やっぱりヤメテッ! と言いましたが、彼が大丈夫だよ。だってこんなに濡れてるじゃない。と言ってとうとうバイブを挿入されてしまったのです。まちこおもちゃに犯されちゃうよー!! と心の中で叫びましたが、いつもと違う、ほんのちょっと冷たい感じと振動が意外と心地よく、私のラブジュースはとめどなく、オマOコからあふれていきました。


この長編小説風、


いったい何なんだよ…


ヾ(・ω・o) ォィォィ
12>|next>>
pagetop